テレワークのおすすめガジェット16選|在宅勤務でもQOLを高めるグッズを紹介

テレワークのおすすめガジェット16選|在宅勤務でもQOLを高めるグッズを紹介

2022年2月12日

2021年12月にHR Tech上場企業に転職し、フルリモート勤務になりました。お家時間が増えたこともあり、デスクワーク環境を中心にガジェットや雑貨に投資。理想のテレワーク環境を構築しております。

テーマは『ミニマル』『QOL』『生産性』です。これからテレワークを始める方、自宅のデスクワーク環境をアップデートしたい方の参考になれば幸いです。

おすすめのPC周辺機器

PC周辺機器から紹介していきます。メインPCはMacbook Proになり、仕事用とプライベート用でそれぞれ1台ずつ所有。家ではクラムシェルモードを活用してワイドディスプレイに投影、デスクトップPCのような使い方をしております。

ノートPCを使うユーザーが増えたこともあり、割と自宅ではそういった使い方をしている人が多いのでは?「それ気になってたんだよね!」といったガジェットがあれば見ていってください。

「実際どうなの?」と詳しく聞きたい方は、Twitterフォローして絡んでいただけたら回答します。

Macbook Pro(13inch M1チップ搭載)

仕事もプライベートもMacユーザー。プライベートでは2020モデルを使用しているのですが、会社からM1チップ搭載のMacbook Proを貸与されております。(14インチかと思いきや13インチ少し凹んだのはここだけの話。)

噂では聞いていましたが、M1チップの性能はすごいですね。動画編集やシステム開発など、仕事柄そこまでスペックが必要な作業はないのですが、一つ一つの動作がスムーズ。

このパフォーマンスを無駄にしないように頑張ろうと日々、仕事に努めております。

Magic keyboard(Touch ID搭載)

Magic keyboard(Touch ID搭載)

HHKBのType-Sを使用していましたが、2022年2月からApple純正キーボードに返り咲きました。2年ほど使ってきましたが、自己流のタイピングのボクにとってはキーストロークが浅い方がスムーズにタイピングができること発覚。

また、Webマーケターに転職したことで、仕事でスプレッドシートを活用することが増え、Fnキーの使用頻度も上がったことも要因の一つでした。あと、テーブルの上もミニマル感出ますしね。

仕事のPCがM1チップ搭載のMacbook ProなのでTouch IDもフル活用しています。地味に便利なので、M1チップ搭載のMacbookユーザーはおすすめです。

Magic Trackpad

Magic Trackpad
Magic Trackpad

2022年2月に購入したMagic Trackpadです。Macbookユーザーの方なら共感してもらえると思うのですが、クラムシェルモードでもトラックパッドが恋しくなることないですか?

カフェで久々にMacbookで仕事してみて「あれ?トラックパッド作業しやすいかも?」なんて思うことがあり、試しに取り入れてみようと購入しました。

現在はマウスとトラックパッドの二刀流で仕事をしています。マウス操作が多い作業の際には直感的にMagic Trackpadを使用。手元の動きがなるべく少なくなるようにキーボードの手前に配置しています。

ホコホコっというクリックのストロークに深みがあるので、これも癖になっちゃいそうです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,242 (2022/05/17 22:36:28時点 Amazon調べ-詳細)

ロジクール MX Master 3

こちらは大人気のロジクール MX Master 3ですね。無骨なサイズ感が握り心地が良く、使っていて全くストレスを感じません。

また、Bluetooth対応で3つチャネルを記憶できるため、プライベートと仕事用のPCをワンタッチで切り替えが可能。接続がめちゃくちゃスムーズで最高です。

HUAWEI MateView 28.2インチ

HUAWEI MateView 28.2インチ
HUAWEI MateView 28.2インチ

2022年のベストバイと言っても過言じゃありません!発売されるやいなや数々のガジェッターたちが愛用しているワイドモニターになります。

7万円越えとなかなかお値段はするのですが、その価値はあると思います。3:2という縦に長い比率は「ノートPCをそのまま大きくした」といった感覚。マーケの仕事でスプレッドシートをよく使うので、そういったビジネスシーンにも大活躍です。

また、給電と投影が1本のtype-cケーブルでOKという点やマイク&スピーカーが内蔵している点など。魅力的なポイントが目白押しです。

テレワーカーの方でワイドディスプレイ導入を検討されている方は、ぜひ「HUAWEI MateView 28.2インチ」を手に入れてみてください。

Anker PowerConf C300

Anker PowerConf C300
Anker PowerConf C300

自宅で仕事をする際にはクラムシェルモードで作業しているため、ウェブカメラが必須になります。Youtubeやネットで評判の良いAnker製の「Anker PowerConf C300」を購入しました。

最大115度の広角レンズ、フルHDのクリアな映像なので、リモート会議映えすることは間違いありません。カメラやマイクにお金をかけることで、他の人たちとの差を作ることができる時代です。営業職の方や、クライアントとのやり取りが多い方におすすめします。

Anker Soundcore Wakey

こちらはAnker製のQi充電つきのBluetoothスピーカーになります。目覚まし時計、ラジオ機能も付いてるので、「ベッドルームで活用してもいいかも?」と思いながら机の上に置いてあります。

仕事中はiPhoneを接続して音楽を聴いたり、Spotifyでポッドキャストを聴いたりしてます。

おすすめのデスクワークガジェット

ここからはデスクワークで活躍しているガジェットを紹介していきます。

イトーキ オフィスチェア サリダ YL7

イトーキ オフィスチェア サリダ YL7
イトーキ オフィスチェア サリダ YL7

オフィスチェアで有名なイトーキの人気商品になります。金額的は4万円弱のミドルクラスになりますが、スタイリッシュで高級感あふれるビジュアルです。書斎、仕事場にも良い感じに馴染みますね。

メッシュ素材で通気性も良く、ランバーサポートもついています。一時期は、エルゴヒューマンのような高級オフィスチェアも憧れましたが、イトーキのサリダYL7も充分なパフォーマンスです。

「テレワーク環境の椅子をアップデートしたい」と思っている方にとってもエントリーしやすいモデルかと思います。おすすめです。

BenQ ScreenBar / スクリーンバーライト

BenQ ScreenBar / スクリーンバーライト
BenQ ScreenBar / スクリーンバーライト

デスクワーカーの方々の中ではお馴染みのBenQのスクリーンバーシリーズ。ノーマル、Plus、Haloと3種類ありますが、ボクはノーマルタイプを使用しています。

手元を明るく照らしてくれる
手元を明るく照らしてくれる

省スペースでディスプレイだけではなく、手元も照らしてくれます。ディスプレイからの光の反射も抑えられるので、目の負担も軽減されます。

USB給電なのでケーブル周りもスッキリ。控えめに言って、デスクワーカーのマストアイテムと言えます。

Echo Show 5

Echo Show 5
Echo Show 5

嫁パパからもらったEcho Show 5。オンラインミーティングのリマインドやアレクサを利用して部屋の電気のON/OFFに活用しています。

Anker PowerWave Magnetic 2-in-1

Anker PowerWave Magnetic 2-in-1
Anker PowerWave Magnetic 2-in-1

Anker製のワイヤレス充電器になります。iPhone mini 13はマグネットで、AirPods Proは置くだけで充電が可能。ケーブル1本でスッキリしますし、ケーブルを刺したり抜いたりする必要がないのでストレスフリーです。

Anker Magnetic Cable Holder

Macbookの給電用のtype-cケーブル用です。使わない時は、Ankerのホルダーを使って固定してあります。いざ使おうと思った時にテーブルの下に落ちていたりしますらからね。ちょっとしたストレス

QOLを高める生活雑貨やサブスク

テレワークになって1日の大半を部屋で過ごすようになりました。デスク周辺だけではなく、生活全体のQOLを高めることができるサブスクや生活雑貨を紹介していきます。

Base FOOD(BASE BREAD)

【BASE BREAD】友だちクーポンを使ってはじめました。テレワークのお昼ごはんにピッタリ。
完全栄養食(BASE BREAD)

テレワークで意識しなきゃいけないこと、それは健康面ですね。必然と運動量が減ってしまうので、せめてランチタイムは気を遣っていきたいところ。

プレーンを食べてみる
BASE BREADを愛用しています

ボクは完全栄養食の「BASE FOOD」からBASE BREADを愛用しています。こちらはプレーンですが、チョコやメープルなど複数の種類から組み合わせて定期便の注文が可能です。

そのほかにもクッキーやパスタもあります。テレワークのランチにお困りの方、仕事で忙しいけど健康的な生活をしたい方におすすめです。

【BASE BREAD】テレワークのお昼ごはんにピッタリ。スタートセットでお得にはじめる。
本記事では完全栄養食のBASE BREADを紹介します。26種類の身体に必要な栄養素がつまっており、忙しいビジネスマンにおすすめ。お得な継続コーススタートセット…
kajitori.com

bloomee(ブルーミー)「お花の定期便」

【bloomee】お花のサブスクで暮らしに彩りを。
bloomee / お花の定期便

ブルーミーはお花の定期便の形で、ポストにお花が届くサービスになっています。体験プランもあり、気軽にお家でお花を楽しみたいライトユーザーにおすすめです。

初回無料クーポンもあるので、ちょっと気になる方も始めやすい内容になっています。テレワーク環境に緑の癒しを取り入れてみませんか?

【bloomee | ブルーミー】お花のサブスクで暮らしに彩りを。
お花のサブスク「bloomee(ブルーミー)」を紹介します。クーポンを使えば、初回郵送料が無料。テレワーク環境に緑を取り入れてみませんか?
kajitori.com

イソップ タシット(香水)

イソップ タシット(香水)
イソップ タシット

ボディクリープやハンドソープで有名なイソップの香水になります。値段はそこそこしますが、一味違う大人なメンズを演出したい方にはぜひともおすすめしたい。

ウッディな香りはあなたを癒しで包みこんでくれることでしょう。香りの持続性も高く、朝つけても夕方まで残っています。パッケージも高級感があるので、誕生日プレゼントにもおすすめです。

ウィルキンソン タンサン(レモン)

日頃は炭酸水をよく飲んでいます。シュワシュワ感を定期的に摂取することで集中力を高めるという何も根拠のないルーティン。

炭酸だけだと味気ないのでレモンテイストのものをいつも選んでいます。色々と種類をトライしてきた中で一番美味しかったのが、ウィルキンソンでした。

レモンの風味もバランス良く、スッキリ感とほどよい甘さを感じることができます。捨てる時にラベルを剥がすのが面倒なので、ヌードボトルをいつも購入していますね。

まとめ:テレワーク・在宅勤務のおすすめガジェット

テレワーク・在宅勤務を始めて買った中からデスクツアーチックにガジェット・生活雑貨を紹介してきました。毎日使うモノだから、良いモノを長く使っていきたいですよね。

今回紹介したアイテムの中で気になるモノがあれば取り入れて、生産性・QOLアップを試してみてください。