仕事の悩み 働くコト

残業の少ない仕事の探し方「働き方の視野を広げましょう」

残業の少ない仕事の探し方「働き方の視野を広げましょう」




悩んでいる人
残業の少ない仕事や業界が知りたい。残業の少ない仕事に転職した後の体験談を聞きたい。

こんな悩みにお答えします。

▼ 本記事の内容 ▼

  • 残業の少ない業界と職種
  • 残業の少ない仕事のメリットとデメリット
  • 残業の少ない仕事を見つける方法

▼ 本記事の信頼性 ▼

2015年に新卒で入社SIerに3年間在籍し、製薬メーカーの社内SEに転職。残業時間の月平均が5時間以下になった現役の会社員が、体験談をふまえて本記事を書いております。

▼ 読者さんへの前おきメッセージ ▼

毎日の残業時間が辛く、転職の2文字が散らついているあなた。次の就職先は、残業時間の少ない仕事につきたいですよね?

本記事では、そんな転職を考えるあなたのために、残業の少ない業界や職種の紹介、見つける方法まで紹介していきます。

この記事を読むことで、働き方の視野が広まり、仕事を選択する上でのちょっとしたヒントになるかと思います。

残業の少ない業種と職種

仕残業の少ない業種と職種

まずは、一般的に残業の少ない業界やお仕事について調べてみました。あらかじめ知っておけば、転職を考える時に役立ちますからね。

残業の少ない業種

残業の少ない業界・業種は以下のとおりです。1位は就活生にも人気の空運業界がランクインしております。女性が多い業界でもあるので、働きやすい環境がしっかり整備されています。

また、ぼくの在籍している医薬品業界も6位にランクイン。自身の社員さんたちの平均残業時間は、20時間前後となっていますので合っていますね。

順位 業界名 平均残業時間(h/月)
1 空運 10.3
2 繊維製品 21.2
3 ガラス・土石製品 24.7
4 石油・石炭製品 24.7
5 リース・消費者金融・クレカ・通販 25.3
6 医薬品 25.6
7 化学 25.6
8 水産・農林 26.3
9 銀行 26.9
10 小売 27.1
引用元:【公式】キャリコネ(2013年〜2018年の調査データより)

残長の少ない職種

続けて平均残業時間が少ない職種のランキングがこちらになります。大分類でいくと、事務・アシスタント系のランクインが多いですね。

さきほどの残業の少ない業界で医薬品が入っていました。こちらにも、品質管理・保証や薬剤師などの医薬品に関わるお仕事が上位に並んでいます。

かじっくす
さらに、医薬品×社内SEという働き方は、ぼくだけではなく一般的に残業時間が少ないことがわかりますね。

CHECK【残業なし】社内SEの7の仕事内容を解説します

順位 職種 小分類 職種 大分類 平均残業時間(h/月)
1 一般事務 事務・アシスタント系 8.1
2 翻訳/通訳 事務・アシスタント系 8.3
3 貿易業務 企画管理 9.3
4 オペレーター 事務・アシスタント系 9.3
5 秘書/受付 事務・アシスタント系 11.0
6 医療事務 事務・アシスタント系 12.1
7 CAE解析 モノづくりエンジニア 12.7
8 品質管理/品質保証 医療・食品・化学 12.9
9 薬剤師 医療・食品・化学 13.9
10 社内SE ITエンジニア 13.9
引用元:【公式】DODA(2013年度の調査データより)

残業の少ない仕事のメリットとデメリット

残業の少ない仕事のメリットとデメリット

「残業が少ない」と聞くとメリットばかりのイメージがありますよね?ぼくも社内SEに転職するまでは、そう思っていました。

しかし、何事にも必ずデメリットはあります。

そこで、ここからはバリバリ残業していたSIer時代と残業ゼロの社内SE時代の体験談をもとに、残業の少ない仕事のメリットとデメリットをお伝えしていきます。

残業の少ない仕事のメリット

残業の少ない仕事のメリットは、以下のとおりです。

メリット

  • 仕事終わりに買い物や外食が楽しめる
  • 友達に会える機会が増える
  • ジムに行って気分転換できる
  • 次の日の仕事の疲れがない
  • 趣味に時間を費やせる、副業にもチャレンジできる

などなど書いてきましたが、仕事が早く終わることにはメリットがいっぱい。18時以降で自由に行動できるので、買い物に行ったり、友達とご飯に行ったり平日のプライベートの時間を充実させられます。

かじっくす
転職してから3日後、会社帰りに寄った温泉で夕日を眺めている時の幸福感は最高でしたね。

また、空いた時間を利用してブログ運営やWeb制作などの副業もスタート。SNSもリアルも含めて、会社外の交友関係も広がりました。

残業の少ない仕事のデメリット

一方で残業の少ない仕事には、以下のようなデメリットがあります。

デメリット

  • 仕事のやりがいが足りない
  • 安定志向の社員が多い
  • 働いているメンズに憧れる

残業したいわけではありませんが、仕事には程よいストレスがないと幸福感が落ちるというデータも、「科学的な適職」に書かれていました。

「仕事は仕事」と割り切っている人も多いので、仕事に対する情熱のギャップはあります。なるべく自身の仕事を増やしたくないオーラを感じて、時々辛く感じますね。

また、前職の同期や同級生のメンズの仕事の話を聞いていると、「自分も働きたい」という気持ちも湧いてきたり。

かじっくす
サークル活動にうつって楽しくなったけど、強豪校の部活動にもちょっと憧れる的な。
悩んでいる人
結局、メリットとデメリットはどっちの方が大きかったの?

ぼく自身は、メリットの方がぐーんと大きいと思っています。やりがいという抽象的なモノよりも、時間の方が圧倒的に価値があるからです。

時間があれば新しいチャレンジができたり、家族でゆっくり食事することもできます。残業時間40hが当たり前のSIer時代よりも、幸福感が増えたことは間違いありません。

残業の少ない仕事を見つける方法

残業の少ない仕事を見つける方法

残業が少ない仕事のメリットをわかっていただけましたでしょうか?ここからは、残業の少ない仕事を見つける方法を紹介していきます。

残業の少ない仕事を見つける方法

  • 女性社員が多い
  • 口コミを調べる

女性社員が多い

女性社員の割合が多いということは、それだけ働きやすい環境が整っている可能性が高いと思います。

産休・育休明けのママも働くためには、育児の時間を確保が必要です。SIer時代はそれが難しく、やめていく女性社員もいました。

現職の製薬メーカーの会社では、女性社員の割合が約40%在籍しております。全国平均が25.2%(2019年時点)という中で、この数字は大きいのでは?

実際に残業時間も少ないだけではなく、女性社員の管理職の方もどんどん増えております。

口コミを調べる

口コミと言っても匿名のグチのような話ではなく、価値の高い情報を見つけましょう。

  • 友人・知人にリアルな情報を聞く
  • キャリコネでレビューを見る

地方だとコミュニティも狭いので、友人や知人に聞けばおすすめの会社を見つけることもできます。実際にぼくも今の会社は、友だちに面接を受ける前に色々と話を聞きましたからね。

また、転職サイト「キャリコネ」の利用もおすすめです。会社のy評判から年収・残業時間までリアルな社内情報をチェックできます。

キャリコネ

かじっくす
気になる企業があるあなた、キャリコネを使ってリアルな情報をチェックしてみましょう。

CHECKおすすめの転職サイト3選をチェックしよう

残業の少ない会社に転職するならエージェントを利用しよう

残業の少ない会社に転職するならエージェントを利用しよう

残業の少ない会社を探すのであれば、転職のプロにお任せしましょう。

仕事の悩みや次の職場に求める条件などを丁寧に聞いてくれますし、転職が成功するまで全力でサポートしてくれます。

かじっくす
悩みのヒアリングや非公開の求人など、本気で転職に向き合うなら登録しましょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

今回は、「残業の少ない業界と仕事の探し方「メリットとデメリットも語る」を紹介してきました。

残業時間の少ないライフワークバランスのとれた働き方は、幸福感も高まります。ぼくも転職して本当に良かったと思います。

転職活動は新卒と違い、タイミングが命です。お目当の求人情報を見逃さないように、転職サイトは常にチェックするのがおすすめ!

今回は以上です。あなたのこれからの人生が豊かになることを、応援しております。ありがとうございました。

かじっくす
SIer経験者のあなた、残業の少ない仕事を目指すなら社内SEがおすすめです!

CHECK【残業なし】社内SEの7の仕事内容を解説します

【残業なし】社内SEの7つの仕事内容を解説します
【残業なし】社内SEの7つの仕事内容を解説します

続きを見る

-仕事の悩み, 働くコト
-

Copyright© カジログ , 2020 All Rights Reserved.