雑記

ゆとり世代のぼくたち。これからの情報格差社会で生き残るのは?

ゆとり世代のぼくたち。これからの情報格差社会で生き残るのは?

どうも20代後半のぼくたちは「ゆとり世代」と呼ばれるらしい。

ゆとり世代の定義
  • 土曜日が完全休みになる
  • 授業数が減る
  • 成績が絶対評価になる

義務教育も色々とルールが変わり、それに適応してきました。
今もなお、会社では時折「ゆとり世代」という言葉を浴びせられることがあります。

毎回心の中でぼくはつぶやく。

「ゆとり世代はどちらなんでしょうか?」

ゆとり世代とは

2002年度〜2010年度に行われていました。
この時代に教育を受けている年代がいわゆる「ゆとり世代」と呼ばれております。
1987年〜2004年生まれの人が対象となります。

ゆとり教育で大きくかわったことは、

  • 教育内容を厳選し減らす。
  • 授業時間を削減(小学校:418時間、中学校:210時間)
  • 完全学校週5日制、絶対評価の導入

となり、数字だけで見ると学んだ時間も量も短くなりました。

ちなみにぼくもそんなゆとり世代代表の1人です。

ゆとり教育の影響は

ゆとり教育の影響は

学力が低下し、2極化が進んでいる

OECDが実施する生徒の学習到達達成度調査の結果はこうだ。

  • 読解力:8位⇒14位⇒15位
  • 数学:1位⇒6位⇒10位
  • 2位⇒2位⇒5位

※2000年、2003年、2006年に実施

と、学力は低下している傾向にある。
もちろん一概にゆとり教育が関係しているとは言えませんが。

勉強時間が減った分、お金に余裕のある者は塾へ行く。
学校だけの勉強時間が減ったのだから、勉強しない者との差はより広がり2極化が強く感じられるようになりました。

情報の変化には強い

学力では引けを取るかもしれないが、『情報の変化に対する適応力』はめっぽう強い。

ぼくらが生まれて、

  • 携帯電話の登場
  • 一家にパソコンが1台、1人に1台
  • iPhoneを筆頭にしたスマホの需要拡大

など、ITの分野では目紛しく変化してきた。

この変化にうまく順応してきたのがぼくらゆとり世代なのです。

これからは学力よりも情報格差社会

これからは学力よりも情報格差社会

情報革命を先導する

学力がない人が収入が少ないのか?幸せになれていないのか?
そういわけでは、ありません。
ただ1つ言えること、これかさらに情報の進化がさらに加速化するということ。

格好良くいうと情報格差社会の幕開けです。

SNSはリア充アピールだという言っている人がたまにいます。
インフルエンサーの影響力はとてつもない経済効果を齎すことを知らないのだろうか。
影響力は信頼とお金に筆頭するくらい価値のあるものです。

ファッション業界ではTwitterフォロワーが一定数あると、採用が優遇されるというところもあります。
会社や人の価値は今やお金、信頼に加えて影響力が大切になってきているのです。

どちらがゆとりですか?

ぼくたちは15年間、ゆとりの義務教育を受けてきました。
でも、今を生きるという視点で考えてみるとどうだろうか?

  • 俺たちの時代は、◯◯。
  • パソコンの事なんてわからない。
  • AI、IoTなんて他人事。私には関係ない。

なんて言って情報革命の波から逃げてはいませんか?
知らない。わからない。では確実に損する時代になっています。

少なくともぼくは、ゆとり教育は受けてきても、ゆとり生活を続けることはない。
あなたは、ゆとり生活を続けるんですか?

21世紀の生き方を考える

21世紀の生き方を考える

とにかく好きなことを伸ばすしかない

『好きなことをとにかく伸ばす。』
これに限るんだと思います。

そんなぼくもこの事実に気づいたのは本当に最近です。
キングコング西野さんの『革命のファンファーレ』を読んだ瞬間に確信に変わりました。

迷っている暇はなくて、好きなことをとことん伸ばして特技する。
特技をさらに磨きあげて仕事にする。

ここを続けていなかなければ、仕事がなくなる時がやってくるのだと。

『好きなことだけで生きて行く』
ぼくは少し前まで、羨ましいというフレーズに聞こえました。
今は、『好きなことで生きていくしかない』というプレッシャーに感じます。

ぼくは、

  • コミュニティづくり
  • Webメディア制作/運営

の力をもっともっと磨いてきます。

10代、20代のみなさん一緒に好きなことを伸ばしていきましょう。

発信してギヤを回転させていく

『頑張っているアピールってださい。』
ぼくも思っていたし、どうせなら野球の落合選手のように努力を隠して天才バッターと呼ばれたかった。

没頭して発信することで、誰かに認知してもらえる。
仲間が増えたり、誰かの役に立つことだってあるんです。

あなたの挑戦をSNSやブログを使って発信していくこと。
スキルをさらに伸ばすカンフル剤となってくれることでしょう。

ABOUT ME
かじっくす
かじっくす
社内SE/ブロガー/Webマーケター。 27歳の転職をきっかけに、ブログに出会い、会社員ブロガーになる。 月間1.5万人に読まれる地域特化ブログ「カジトリクエスト」の編集長。 趣味は、ウイイレ・音楽・読書です。
富山県民なら要チェック!!