【これを見れば完璧】PayPayの使い方

わかざえもんから学ぶ発信力②『個性を伸ばし、ファンをつけるSNSとの付き合い方は?』

わかざえもんから学ぶ発信力②『個性を伸ばし、ファンをつけるSNSとの付き合い方は?』

こんにちは、よく働いてよく食べるシステムエンジニア、かじっくすです。
2018年3月3日(土)、現役女子大生レフティベーシストわかざえもんを富山県にお呼びしました。

先日、「わかざえもんさんの紹介と個性」について、記事を書きました。
Twitterでプチバズが発生して、わかざえもんさん愛されているんだなぁっと再認識しました。
前回の記事を読まれていない方はこちらからお願いします。

わかざえもんから学ぶ発信力①『コンプレックスこそ個性であり、武器となる』

第2話は、『個性を伸ばすSNSとの付き合い方は?』です。

わかざえもんさんは、Twitterフォロワー数が1万人を超えており、動画再生数も1万再生が当たり前。
中には何十万再生とバズっている動画もあります。
世間一般的にはインフルエンサーと呼ばれるポジションにいます。

自分のTwitterのフォロワー数を増やすには、個性のゴリ押しがとっても重要なんです。

わかざえもん

わかざえもんがTwitterをはじめたきっかけとは?

わかざえもん

もちろん、ライブハウスに来て音楽を聴いて、CDを買ってもらうのが最高の幸せです。

わかざえもんは決してバーチャルな存在になりたいわけではないのです。
あくまでアナログ、ライブハウスで勝負してなんぼでしょ!ってメンタルをお持ちでした。
ぼくもお会いするまでは勘違いしてました、ごめんなさい。

ライブだけでは限界を感じる、SNSを活用した音楽活動を始めよう

そこでわかざえもんさんが始めたSNSがTwitterでした。
今はTwitterオンリーで発信しているそうです。

Twitterのメリットは気軽にたくさんの人に音楽を聴いてもらえること。
ライブ活動だけでは、なかなか限界があるということで演奏動画をアップし始めました。
何かの動画がバズったというわけではなく、徐々にフォロワーが増えていったそうです。

さぁここから、「わかざえもんの個性ゴリ押しSNS活用塾」の始まりです。

わかざえもんの個性をふりかってみよう

わかざえもんの個性はこのような感じでした。

  • 左利き
  • 女の子でベーシスト
  • スラップ奏法を多用するスタイル
  • 激しいライブパフォーマンス

かじっくす

さぁみなさんお気づきになられたであろうか?
そう、「可愛い」が抜けています。笑

(怒られそうなので、真面目路線に戻します。)
前回の記事ではこの「女の子」というコンプレックスが個性であり、逆に武器なんだというお話でした。
そこで、わかざえもんさんは自分らしい女の子、“かっこいい女の子を極める”と決意しました。

その決意はまったくぶれることなく、Twitter上でも徹底して行っています。

“かっこいい女の子”推し、4つのTwitter活用術

わかざえもんがTwitterを運用する上で気をつけていること。

  1. プライベートをあまり見せない。
  2. 毎日投稿を続ける。
  3. 動画では原則として笑わない。
  4. 全力でライブパフォーマンスをする。

彼女のタイムラインには、プライベートを感じられるコンテンツが極端に少ない。
20歳で東京住みの女の子、「パンケーキ、渋谷で食べて来たよー(自撮り)」で溢れかえっているイメージ。笑
(富山県の田舎男子的な発送でごめんなさい。)

しかし、彼女のツイートはご存知のとおり、音楽、ベースにまつわるツイートが多いのです。

わかざえもん

無理してるわけじゃないんですよね。
結局音楽のことだけ発信したいって思うんです。

そして、この一貫した発信を毎日続けている。
この一貫した発信が、“音楽を頑張っている女の子”というブランドを確立し、みるみるとフォロワーが集まった大きな理由だろう。

ベース動画を録る際も全力でパフォーマンス、かっこよさをピーアールをするために極力笑わない。

かじっくす

徹底した”かっこいい女の子”推し、さすがわかざえもん。

Twitterはビジネスのツールにも変わる、魔法のスピーカである

この記事でわかったことをまとめました。

  • Twitterでの発信はあくまで音楽活動の延長戦、ゴールはライブハウスである。
  • 個性のゴリ推しを徹底して、発信し続けることでブランドを確立する。
  • ライブでなくても全力でパフォーマンスする

個性を伸ばすSNSとの付き合い方について書いてきました。
Twitterで自分の個性をゴリ推しするこで、共感してくれる人が増える。
それがフォロワー数という数字で具体的に現れ、また個性が伸びていく。

ぼくもこの考え方はめちゃくちゃ共感できる。
ぼくの場合は、100記事ひたすら雑記のような記事を書いてようやく気づいたんですけどね。笑

  1. 自分の個性を発見し、その個性をSNSで発信し続ける
  2. 共感してくれる人が増え、フォロワー、ファンが増える
  3. 仕事につながる
  4. さらに個性(知識や技術なども含めて)を伸ばす

ひと昔前までは、SNSはただのリア充ツールというような位置づけでした。
しかし、今ではビジネスに発展する魔法のスピーカとも言える存在となっています。
これからは個人の時代、あなたのその素晴らしい個性を勇気をもって発信してみませんか?
きっとあなたに共感してくれる人が現れて、もっと楽しい世界がそこにはあるはず。

違う意見が出てくる、迷うことだってある

参加者の女子高生からこんな質問がありました。

女の子

Twitterを見てるといろんな情報が入ってきて、自分自身がぶれることがありませんか?

わかざえもん

それはですね・・・

最後の記事となります。
「ぶれない自分を持って発信し続ける秘訣とは?」