【これを見れば完璧】PayPayの使い方

【香華楽(かから)】猫に会える富山のお香屋さん、カジュアルな空間と豊富な品揃えが魅力的

【香華楽(かから)】猫に会える富山のお香屋さん、カジュアルな空間と豊富な品揃えが魅力的

全国的にも珍しいカジュアルな店構えのお香屋さん『香華楽(かから)』。ぼくがこのお店に出会ったのは5年前のこと、友人からの紹介でした。

美人店主の長澤さんは、あたたかい人で「お香はじめて買います」という方にも、丁寧に色々と説明してくれます。押し売りではなく、お客さんの「性格」「好み」「生活スタイル」などに合わせてくれるスタイル。

ついつい遊びにきては長居してしまうお店、かわいい猫さんも2匹いるので癒されます。さっそく、紹介します。

香華楽はどんなお店?

2010年8月に富山市藤木でオープンしたお香専門店。観光客向けの老舗がメジャーな中で、こうしたお店は珍しい。

富山のお香ショップ香華楽

駐車場はお店の前に3台とめることができます。通行量が多いので前向き駐車がおすすめ。帰り出る時は注意しましょう。

香華楽の駐車場

お墓参りの線香、ビレバンで買える甘いお香といった極端な匂いをイメージするかもしれません。しかし、香華楽は種類が豊富で、自然な香りのお香も多数取り揃えています。

お香の豊富なラインナップ

あの●●温泉のロビーの香りが良い」といった一見無茶ぶりかのような相談にも答えてくれます。とにかくその人にあったお香を丁寧に選んでくれるお店です。

加茂香は人気

店内にはお香以外にも、「お香立て」「ブレスレット」などのアクセサリー類も充実しています。

お香立ても販売

ブレスレットも販売

定期的にお香づくりのワークショップも開催しています。気になる方はFacebookページ をチェックしておきましょう。

このお店、実は店長は長澤さんではなくこちらの可愛い猫ジジさんなんです。ふっくらしたビジュアル、貫禄もバッチリですね。

店長のジジさん

こちらは妹分のはなさんで、とっても好奇心旺盛な猫ちゃん。お客さんがくると近寄ってきて、はしゃぎ出します。

妹分のはなさん

お香のラインナップをちらっと紹介

ここまで取り扱いメーカー数が多いお香ショップは珍しいと長澤さんは語る。新製品がなかなか出ないお香というジャンルで、長澤さんが季節に合わせて、ディスプレイしているんだとか。

【香華楽(かから)】猫に会える富山のお香屋さん、ポップな店内と豊富な品揃えが魅力的

「人気」「おすすめ」のお香にはポップが貼られているので、とっても親切。価格帯は500円からありますので、「お香スタートしてみようかなっ」っていう方も安心してお買い物できます。

人気のお香がパッと見でわかる

「彼女がほしい」「出世したい」「商売繁盛」など、夢を叶えたい人におすすめのお香もあるそうです。とある女性の方は、「一期(いちご)」というお香をたいた次の日に彼氏ができて、半年後に結婚したお客さんもいるんだとか・・・。笑

一期香

長澤さんってどんな人?

店主は長澤 華奈さんというお方、第1印象は美魔女。服装も常に和装で華やか、韓流アイドルが好きなんだとか。

「なんでも挑戦したい」という好奇心が強く、パソコンが苦手と言いながらSNSやブログ更新も見事に使いこなしています。

どうやってお香ショップが生まれたの?

ここからは、香華楽ができるまでの背景を書いていきます。この話を聞くと、常連さんも長澤さんのことをより一層好きになります。

[chat face=”kajix_smile.png” name=”かじっくす” align=”left” border=”none” bg=”blue” style=”maru”]今のお店をオープンされたきっかけは何だったんですか?[/chat] [chat face=”nagasawa.jpg” name=”長澤 華奈さん” align=”right” border=”none” bg=”red” style=”maru”]お香のことなら誰よりも詳しいかもって思ったのがきっかけですね。[/chat]

前職では、建築会社の経理業務を担当していました。多忙な日々からすべてをリセットをしようと決断し退職。

会社をやめたあとはトリマーの学校にいきましたが、卒業後仕事が見つからず断念。

お香のことなら誰よりも詳しいかも!とある時気づき、香華楽のオープンにつながったそうです。

初めての自営業でお香屋さんという珍しいジャンル。取引先もなくゼロからのスタート。

[chat face=”kajix_smile.png” name=”かじっくす” align=”left” border=”none” bg=”blue” style=”maru”]どうやって取引先を増やしたんですか?[/chat] [chat face=”nagasawa.jpg” name=”長澤 華奈さん” align=”right” border=”none” bg=”red” style=”maru”]片っ端から電話しましたよ〜。怪しまれたりもしましたけどね・・・笑。[/chat]

北陸にお香屋がなく、紹介している問屋が見つかりませんでした。時には厳しい言葉をかけられたことも。

そんな状況から少しずつながりも増えていき、現在の「香華楽」にまで成長したそうです。そこから2018年で8周年、本当におめでとうございます。

今の仕事のやりがいは?

[chat face=”kajix_smile.png” name=”かじっくす” align=”left” border=”none” bg=”blue” style=”maru”]お店をやっていて、生きがい、嬉しい事って何ですか?[/chat] [chat face=”nagasawa.jpg” name=”長澤 華奈さん” align=”right” border=”none” bg=”red” style=”maru”]お客様と『心の共感』ができることですね。[/chat]

長澤さんは、「相談される」ことが大好きなんです。初心者の方も大歓迎!

  • 好きな香りは何か?
  • どういう趣味や生活スタイルなのか?
  • どんなシーンで利用したいか?

お客さんの生活スタイルを聞きながら、一緒にお香をチョイスしてくれます。お香を通して、心の共感が一番のやりがいだそうです。

仕事をする上で大切にしていること

[chat face=”nagasawa.jpg” name=”長澤 華奈さん” align=”right” border=”none” bg=”red” style=”maru”]『モノも生き物』。お客さんの声をメーカーさんにお伝えしてるんです。[/chat]

「お香はとても繊細なモノで、ほとんど手作業で作られているんです。」と長澤さんは説明してくれました。

そんな職人さんたちをリスペクトしている長澤さん。お客さんからの声をいつも報告しています。職人さんは嬉しそうにその話を聞いてくれるそうです。

これはこれは仕事ではなく、「感謝の気持ち」というごく自然の行動とのこと。

この話を聞いて、香華楽が愛され続ける理由がハッキリとわかりましたね。

取材を終えて「この奇跡がいつまでも」

[chat face=”nagasawa.jpg” name=”長澤 華奈さん” align=”right” border=”none” bg=”red” style=”maru”]7年間、お店を続けることができたことが奇跡である。[/chat]

「この奇跡がいつまでも続くと嬉しい」と長澤さんは振り返る。功績ではなく、奇跡と表現する長澤さんが本当に素敵。
お店のストーリーがわかると、さらに香華楽が好きになりました。

『香華楽』のアクセス・店舗情報

営業時間 11:00~19:00 ※最終入店18:45
定休日 木曜日
HP 公式サイト

▽Google Map

まとめ:あなたにあったお香が必ず見つかります

お香は部屋の湿気をとってくれるだけではなく、自律神経を落ち着かせてくれる効果もあります。「初めてのお香」って感覚で、ぜひ香華楽に行ってみてください。

長澤さんが優しく相談にのってくれます。可愛い猫さんたちに癒されながら、お買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか?

▽こちらの記事もおすすめ

【地域別まとめ】富山で勉強・作業ができるノマドカフェを地元民が徹底調査!電源やWi-Fiの有無も記載!

【永久保存版 富山ラーメン】「おすすめの50杯」地元民が徹底調査!見つけようあなたの一杯