カテゴリ別に見にいく

社内SEに必要な3つのスキルを紹介「プログラミングスキルは必要?」

社内SEに必要な3つのスキルを紹介「プログラミングスキルは必要?」

こんちは!かじっくす(@tomo345)です。

社内SEへの転職を意識したときに、気になりますよね?

「プログラミングスキルが必要なのか」

結論から言うと、必要ありません。なぜなら、みなさんが思っているほどプログラミング案件がないからです。

2019年目で社内SE歴4年目に突入しましたが、システム部門でプログラミングできるのは私だけですし、案件があっても9割外注になります。

「それなら社内SEにはどんなスキルが必要なんでしょうか?」

Sier会社でゴリゴリとプログラミングしていた頃と比較しながら解説していきます。

社内SEへの転職を検討されている方の参考になれば幸いです。

社内SEの楽々スケジュールを大公開「残業ゼロは本当なの!?」社内SEの楽々スケジュールを大公開「残業ゼロは本当なの!?」

社内SEの仕事内容

社内SEの仕事内容

そもそも社内SEにはどんな業務があるのでしょうか?

簡単ではありますが、ザックリと仕事内容を紹介していきます。

仕事の内容
  1. ヘルプデスク
  2. システム導入支援
  3. サーバ・ネットワーク機器更新
  4. ホームページ更新
  5. 庶務的な仕事
こちら!

所属している会社の従業員は500名強、システム部門はそのうち4名と少なめ。IT投資への理解度は会社としてまだまだ低い状況ではあります。

社内SEとしてのメインの仕事は、ヘルプデスクが中心です。全国各地にいる営業からの問い合わせ、工場内のシステムトラブル対応などがあります。

かっこよく言えば、誰かのピンチの時に登場するレスキュー隊のようなイメージですかね笑。

他にもシステムの新規導入時に打ち合わせに同席して、現場の部門とシステム会社の橋渡しのようなお仕事も。IT分野に詳しい人?専門家?的な立ち位置から意見を述べていきます。

システムに詳しくない従業員をサポートしていく役割を担っていくのが我々、社内SEなのです!

社内SEに必要な3つのスキル

そんな社内SEという仕事、いったいどんなスキルが必要になってくるのでしょうか?

本記事では、3つのスキルをピックアップして紹介していきます。

自己マネージメント能力

自己マネージメント能力

社内SEにとって、最も必要になる能力といっても良いでしょう。

なぜなら、Sier時代と違って社内SEの仕事には納期のない案件が多いからです。現状維持でも業務は成り立つのだから、当然ですよね?

「システム化を進めていく、必要な書類を作成する、RPAで業務改善する。」

どの案件の納期も、自分次第で決められます。ぶっちゃけ、どんどんエンドを伸ばしている先輩だっています

しかし、このスピード感は賞与の評価や他部署の人たちからの信頼度に直結します。いかに自身で決めた納期を自身でマネージメントして守っていくか大切になってくるのです。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力

社会人としては当然!って感じの能力ですが、やはり大切。前段の仕事内容で紹介したとおり、他部署の人たちやシステム会社と関わる機会が多いんです。

直接話するだけではなく、電話やメール、チャットベースでのやりとりも行います。相手の話を理解してわかりやすく伝える能力が必須になるんですよね。

「新卒には専門用語多め、40代以上には方言多めで。」

なんて使い分けをしていたら、転職前より方言がきつくなったかも笑。

プレゼンテーション能力

プレゼンテーション能力

「社内SEは立場が弱い。」

「吾輩は猫である」的な感じで言ってみました。ITリテラシーの低い経営陣や上司が多い場合、提案を理解してもらえないケースが多いです。

説明書なしで動かせるUIが主流の時代ですが、「手順書がないとわからないよー」なんて声もよく聞きます。

「わーーー!」って叫びたくなりますが、これも社内SEの仕事なんです。ここであきらめてら試合終了ですよ。

そんな方々にも理解してもらえるように、メリットの打ち出しや費用対効果を伝えるプレゼンテーション能力が必要となります。

ここの伝える力は、ブログ運営でも培われましたねぇ。気になる方、スキルをもっと伸ばしたい方にはこちらの本がおすすめです。良かったらチェックしてみてください。

created by Rinker
¥1,512 (2019/08/22 14:52:23時点 楽天市場調べ-詳細)

Sier時代で培ったスキルを活かす

Sier時代で培ったスキルを活かす

社内SEに必要な3つのスキルを紹介してきました。ここからは、Sier時代に培ったスキルで現在の職場でも活かせているモノを書いていきます。

パソコンの操作スキル

「えっそんなしょうもないので良いの?」って思いましたか?

Sier時代では当たり前すぎて意識していませんでしたが、転職先では、パソコンの操作スキルは同僚よりも数段上でしたね。

「Alt+Enter」の画面切り替えのショートカットを披露したら、7割の人がびっくり仰天ですよ。

この能力は社内SEという職種に限らず、他業種に転職したのなら100%武器になることでしょう。

ネットワークの知識

レイヤー2、3あたりのスイッチやルータの知識があれば話についていけました。基本情報技術者も持っていたので、専門用語で置いていかれるってことはなかったですね。

インフラの知識がある社内SEは重宝されるので、プログラミングスキルよりもネットワークスキルを持っている方が転職に有利です。

上流工程の経験

上流工程とは、企業・顧客が抱えている課題をヒアリングして要件を洗い出し、システムを落とし込むために設計していく過程のことを言います。

前職の会社が受注100%だったため、この経験は入社してからビッシリやりました。

自社では提案制度と言って、工数削減するとお金をもらえる制度があります。おかげさまで、ここ2年で10本近くは出していてプチボーナス状態♪

他部署とコラボできるコミュニケーション能力と課題解決力の賜物です。残業やばかったけど、SE経験してて良かったぁ。

プログラミングスキルは差別化になる

プログラミングスキルは差別化になる

「社内SEはプログラミングスキルは必要ない」

メインの話はここまで。それじゃあ実際にプログラミングスキルのある自分はどうなのか?

自分で言うのもアレですが、特別な存在に100%なれます。

転職するまでは気づきませんでしたが、企業にはアナログな部分が多々あります。

その課題を自身のプログラミングスキルで解決できれば、企業にとってめちゃくちゃ重宝されますよ?

転職後の自身の実績をいくつか紹介していきます。

VBA・RPAを活用した業務効率化

転職してのまず第一声がこちらでした。

エクセルめっちゃ多くない!?

あちらこちらでエクセル資料が飛び交っているんです。しかも、マクロを組んでいるのかと思いきや超絶コピペ。職人芸のように業務を極めちゃってるんですよね笑。

そういう業務はルーティンが多いので、ちょろっとVBAでツールを作ったら効果絶大でしたね。

また、2019年6月にRPAを導入してから開発スピードが上がり、導入1ヶ月で年間120hのコスト削減に成功。

業務効率化は数値でわかりやすく結果が見えるので、もうこれは評価せざるを得ないですよね?

最近では、副業で自営業の方向けのエクセル・マクロ作成を引き受けることも増えてきました!

オンライン学習のTechAcademyのメンターにも、「コメント付きでコードがキレイ」と言われるほど。納品後も依頼者が自らカスタマイズできるよう心がけて開発しています。

気になる方は、TwitterのDM or お問い合わせフォームからご相談ください。お話は無料で伺いますし、5,000円〜という格安価格帯から引き受けます!

ホームページのリニューアル

自社のWebサイトがレスポンシブ対応できてなかったので、独学で勉強しサイトをリニューアルをしました。

ブログ運営を通してHTML/CSSの知識は多少ありましたが、Web初心者だったので苦戦しましたよ。

でも、自分の作ったWebサイトが世に出せたのは嬉しかったですね。社内だけではなく、社外の人たちに見てもらえるんだから。

というわけで、社内SEにとってプログラミングスキルは絶対条件ではありませんが、スキルがあると社内的な立場が強くなることは間違いないでしょう。
また、残業時間の少ない社内SEなので、その力を副業にも回せますしね。

Webプログラミングスキルを磨く

Webプログラミングスキルを磨く

そんな自分ですが、今は育児をきっかけに在宅勤務になりまして、週4日自宅でお仕事しています。

社内に転職して、まさか在宅勤務を手に入れられるとは思っていませんでした。

場所・働く時間が自由ってのは良いですよ。プライベートの仕事の幅も広がり、プログラミング教室の先生やポータルサイト開発の案件など色々な方からお声がけをいただくようになりました。

「社内SE×在宅勤務×副業」って最強かもしれない!?

そこで、「もっと自身のプログラミングスキルを伸ばしてありとあらゆる人から必要とされる人材になろう」と思い、2019年6月からTechAcademyのフロントエンドコースを受講してます。

完全オンライン学習なので、富山のような田舎にいても受講可能。個別メンターと定期的に面談もあるので初心者でも安心です。

プログラミングスキルをつけて、会社×副業の1,000万円プレイヤーも夢やないで!

ちょっとシステムをかじっている事務の方も、TechAcademyを受講してプログラミングスキルを磨けば副業や在宅勤務の道も広がります!

TechAcademyではメンター相談つきの1週間の無料体験もできるので、気になる方はぜひやってみてください。

まとめ:3つのスキル+αでネオ社内SEを目指そう

社内SEに必要なスキルを紹介してきました。

社内SEに必要なスキル
  1. 自己マネージメント能力
  2. コミュニケーション能力
  3. プレゼンテーション能力
こちら!

自己マネージメント能力は1番大事、自分自身のモチベーションを常に高い位置に保てるかが大切です。

また、プログラミングする機会は少ないのでスキルは不要です。しかし、現場はアナログなコトだらけで伸びシロがいっぱい。

プログラミングスキルがあれば、自分のポジションを確立できるチャンスは100%広がります。

「おいおい、冒頭文と違うじゃねぇか」ってツッコミもあるかもしれませんが、事実なんです。実際に、私自身在宅勤務スタイルを手に入れたくらいですから笑。

ここまで自分の記事を読んでくれたんだから行動するしかないっしょ!

TechAcademyの無料体験コースでは、プログラミングの初歩的なカリキュラムを受講できるのはもちろん、第一線で活躍するメンターと面談もできちゃいます。

私も実際に受講しましたが、しつこい勧誘はありません。何から勉強したらいいかわからないって方にはとってもおすすめです。

ただの社内SEから、ネオ社内SEに進化して、自身の人生と社会を一緒に変えていきませんか?

そのためには行動あるのみ!一緒にどんどんスキルを磨いていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

メンターに相談できる

10,000円割引のクーポン付き


TechAcademy フロントエンド | 無料体験を機に受講を決意!「事前学習〜1週目までレポート」TechAcademy フロントエンド | 無料体験を機に受講を決意!「事前学習〜1週目までレポート」 社内SEの楽々スケジュールを大公開「残業ゼロは本当なの!?」社内SEの楽々スケジュールを大公開「残業ゼロは本当なの!?」