カテゴリ別に見にいく

【好きなことしか本気になれない 書評】人生100年時代を生き抜く個人スキルとは?

【好きなことしか本気になれない 書評】人生100年時代を生き抜く個人スキルとは?

こんちは!かじっくす(@tomo345)です。

人生100年時代と言われ、定年は60歳からどんどん伸びています。

自分たちは、これからどんなスキルを伸ばしたら良いのだろう?

そんな悩みを抱えているのは、自分だけではないはず。

本記事では、ココナラ 代表取締役社長の南 章行著の「好きなことしか本気になれない。 人生100年時代のサバイバル仕事術」から80歳まで働くための3つの個人スキルを紹介します。

会社員でいれば安定という時代は終わりました。キャリアを目指すのではなく、自分のストーリーを生きる選択をしていきましょう。

さっそく、紹介していきます。

【30代におすすめしたい本10選】豊かな働き方・考え方を手に入れよう【30代におすすめしたい本10選】豊かな働き方・考え方を手に入れよう

人生100年時代の変化

人生100年時代の変化

2019年、人生100年時代と言われている中で様々な変化が起こっています。

副業解禁、永年雇用の撤廃に向けた動きなど。おそらくこれから先は「会社員だけで生きていく」ことは難しくなってくるでしょう。

そんな世の中において、著者はどのような考えを持っているのでしょうか?

本書の序盤で書かれていることを紹介していきましょう!

未来予測はいらない

未来予測はいらない
未来予測など、僕にはできない。
「変化する」ということくらいはわかっているが、これだけ複雑かつ変化が激しいなかで、一般人に予測がつくことは限られている。

かじっくす

それじゃあ何を考えても無駄ってこと!?

思わずツッコミを入れたくなりますが、「自分に影響がある変化」だけはおさえておきたいと著者は書いております。

そのために必要な要素は以下の2つ。

必要な2つの要素

  • すでにわかっている事実をおさえる
  • 厳密に考えるまでもない、ざっくりと予想がつく「当たり前の未来図」を念頭において自分の今後を考える

誰しもに最も影響を与える「人口予測」の事実を捉えるだけでは、まったく意味はありません。

事実を自分ごとに変換して、それに対応することが大切になってきます。

「人口減少しても自分の仕事は残っているのか?」

「今住んでいる地域で生きていけるのか?」

外的要因を自分の生活に落とし込んで、日々のモノゴトを考えていきましょう。

あと50年、今の仕事を続けたいか?

あと50年、今の仕事を続けたいか?
80歳まで働く前提に立てば、「今の仕事をずっとやるとか、自分が苦手なことを克服するというのは、おかしいんじゃないか」と感じた。
仕事を覚えたての20代の頃ならともかく、自分本来のスタイルを変えて無理をしながらあと45年も働けるのか疑問を抱いたのだ。

著者もおっしゃっていますが、本書は決して起業本の類ではありません。

言いたいことは、会社員・フリーランス関係なく「自分が好きで合っている生き方」じゃないと長続きしないということ。

もしかしたら、定年の期間が老後を迎える頃には80年になっているかもしれない。

かじっくす

こんな長いスパンで、無理やり会社の型にハメたような働き方をしていけますか?

遠い未来のように感じる方もいることでしょう。しかし、今とその未来はガッチリと時間で繋がっているのです。

定年してから考えているようでは遅く、今からトータルで考えることで選択肢は広がります。

今のあなたの職場で、あと50年働きたいと思いますか?

人生100年時代に必要な個人の力

人生100年時代に必要な個人の力

とは言っても、100年時代において80歳まで働けるスキルって何なんでしょうか?

今後10~20年後でなくなると予測される仕事

  • 銀行の融資担当者
  • スポーツの審判
  • 電話オペレーター
  • 給与・福利厚生担当者
  • レジ係

日本国内の約7割が第三次産業(サービス業)と言われています。収益化の対象となる人が減っていくわけですから、必然的に厳しい世界になっていきますよね?

人口が減り、長く働く時代になる」世の中では、たとえ、フリーになったとしても食っていける個人の力は必要不可欠だと著者は語っています。

そんな個人の力に必要な3つの要素は以下のとおりです。

個人の力に必要な3つの要素

  • スキル
  • 自分の価値観を持つこと
  • セルフリーダーシップ

スキル

スキル

スキルとは?
「唯一無二のスキルをひとつ持つ」という発想は捨ててしまおう。
複数のスキルを持つ、新たなスキルを獲得し続ける」という考え方に切り替えるのだ。

この考え方は堀江貴文さんの「ゼロ」という本にも書かれていました。

1,000人の中で1番を目指すのではなく、10人の中で1番を3つ重ね合わせれば、1,000人の中で勇逸のレア人材になれるという考えです。

自分も転職をきっかけに、色々なことにチャレンジするようになりました。

チャレンジしたこと

  • Webプログラミング
  • ブログ運営
  • イベント企画
  • TOEIC・英会話
  • バンド活動
  • ビーチボール

かじっくす

地域メディアを中心に発信し続けた甲斐もあり、おかげさまでローカルインフルエンサーとして、大好き富山湾プロジェクトのアンバサダーにも就任できました。
また、給与とは別の副収入にまで成長しました。

他にも社内SEとしてのスキルも活かして、起業家・フリーランス向けのITサポートも行っています。

このように関係のないようなスキルでも、1つ1つ足すことで自分だけの武器にまで磨き上げられます。

がむしゃらでも、今持っていないスキルをつけていく姿勢はこれからの時代めちゃくちゃ重要です!

自分の価値観を持つこと

自分の価値観を持つこと

自分の価値観を持つこと
過去に縛られ、過去を正当化し、未来の自分を過去ありきで決めている。
だが、あなたの「個人の力」は、あなたの過去ではない。
あなたの「個人の力」は、あなたの価値観から生まれてくる。

本書では営業畑だった人を例に挙げています。

スキル×価値観が大切

これは目から鱗でしたね。言われてみたら当たり前なんだけど、自分と同じようにスキルの意味を履き違えている人は多いのでは?

営業だから、営業職に絞って転職。この考え方は自身の可能性を狭めてしまいます。

「過去のキャリアを活かして転職する」という考え方ではなく、根っこになるスキルと価値観が大切になってくるんですね。

セルフリーダーシップ

セルフリーダーシップ

セルフリーダーシップ
目標を決めるのは自分。
実行して達成するのは自分。
評価するのも自分。
仕事を探すにしろ、変えるにしろ、何かの目標を立てるにしろ、自分を動かし、その都度、意思決定を下す。

「会社の歯車にならなくては!」なんてシーンをドラマとかで見たことありません?

人生80年時代では、個人が会社というシステムの部品になることが効率的でした。

しかし、未来予測が難しくなったと同時に人生100年時代に突入した今、そのシステムは崩壊!

人口減少が起き、マンパワーが落ちていくこの日本。「自分というシステムづくり」をして、個の力を強くしていく以外には社会を維持していく方法はなくなりました。

かじっくす

フリーランスの方は当たり前の考えかもしれません。
しかし、人生100年時代では会社員もこのマインドが必要となってくるのです。

好きなことでしか稼げない

好きなことでしか稼げな

好きなことでしか稼げない
好きなことであれば人は頑張れるし、好きで得意で頑張れる仕事のほうが、お金をたくさん稼げる確率が高くなる。

人生100年時代に必要な個人の力の3大要素を紹介してきました。ここで、まとめておきます。

個人の力の3大要素

  • スキル:複数のスキルを持ち、新たなスキルを獲得し続けること
  • 自分の価値観を持つこと:個人のスキルと価値観は、どんな仕事にも応用が効く
  • セルフリーダーシップ:目標を決めるのも、実行して達成するのも、それを評価するのも自分

これだけ読むと、大変そうだなぁって正直思いますよね?

上司から個人の力を磨け!って言われても反発したくなりますよね?

そんなあなたに著者からアドバイス!

「『その仕事で、自分の心が満たされているか?』ということが大切なんです!」

心が満たされていることが、働くモチベーションの源になるし、厳しい状況下でセルフリーダーシップを発揮する条件になります。

今稼げているスキルも将来どうなっているかわかりません。

「そこそこ好きで、わりと稼げる仕事」と「稼げなくても心満たされる仕事」の2つを持つスタイルがおすすめです。

まとめ「自分のストーリー」を語る大人に

いかがでしたでしょうか?

人生100年時代を生き抜く覚悟はできましたか?

好きなことにはエネルギーが宿り、それは「ありがとう」に変わっていきます。

結果的に、大切な人に説明できる「ストーリー」に成長していくんですよね。

本書では他にも…

その他の内容

  • ストレングスファインダーは存在しない
  • リカードの「比較優位論」
  • 圧倒的に「できない」と、自分のスキルが生み出せる
  • 人生100年時代に必要な「ソフトスキル」を磨く
  • 人生に「段取り」はいらない

など、気になる内容が満載です!

会社員をやりながらモヤモヤしている方や転職を考えている方におすすめの一冊です。

人生の主人公は自分です。自分のように会社員をしながらでも、チャレンジできることは山ほどあります!

一緒にアラサーからの挑戦がんばってみませんか?

【30代におすすめしたい本10選】豊かな働き方・考え方を手に入れよう【30代におすすめしたい本10選】豊かな働き方・考え方を手に入れよう