雑記

ミニマリストを目指す。スナフキンのシンプルな思考から学ぶ

ミニマリストを目指す。スナフキンのシンプルな思考から学ぶ

自由と孤独をこよなく愛し、ひとり気ままにテント暮らしをしている。
大抵の人はスナフキンに好意を持っており、中には尊敬や憧れを抱く人もいる。

みなさん、人類最強のミニマリストを発見してしまったんです。
ムーミンのスナフキンって知ってますか?
(誰でも知ってるよっ!)

ナイツ風のスタートさせていただきました。
ぼくは、スナフキンのシンプルな考え方が大好きです。

『スナフキンのような男になりたい。』

ずっと密かな目標に掲げています。

シンプルなライフスタイルを目指している方。
ぜひとも彼の言動、行動について学んでいただきたい。

スナフキンとは

プロフィール

ムーミンの親友 スナフキン

ムーミンの親友。自由と孤独をこよなく愛し、ひとり気ままにテント暮らしをしている。

口数が少なくいつもパイプを加えていて、形のくずれた緑の帽子をかぶり体によくなじんだ古いズボンと、古い緑色のコートを着ている。

持ち物は最小限しか持たず、物には執着せず、増やす事を恐れさえしている。

母親のおばさんからもらった金のローズウッドで出来たハーモニカを吹き、自然の美しさや自由のすばらしさに感動した歌を作ったり、演奏したりするのが好きである。

一人が好きなスナフキンも、ムーミン一家といる時は不思議と気にならない。
そして、特にムーミンといると楽しい。
毎年春になるとムーミン谷にムーミンに会いに戻り、秋になるとリュック一つで南に旅に出るのを習慣にしている。

大変なも物知りであるが決して知識をひけらかさない。
大抵の人はスナフキンに好意を持っており、中には尊敬や憧れを抱く人もいる。
(ソース元:ムーミン展「スナフキン」の紹介文より)

どうですか、この紹介文?
すでに彼の格好よさ、深みが伝わってきますよね。

孤独を愛しているのに、愛される。

愛想をふりまくだけが愛される方法ではないんですね。
スナフキンの人間としての器の大きさに魅力を感じます。

そこをうまく生きていくのが、スナフキンの器の大きさであり、魅力なんです。

ムーミン谷の住民がスナフキンを好きになる理由。
実は、現代人にも共通しているのです。

彼の生き方の3つの特徴は、

  • 持ち物をシンプルにしたいミニマリスト
  • 活動場所を固定しないノマドライフ
  • 知識をひけらかさい

にあります。

それぞれの要素について、掘り下げていきましょう。

生き方に憧れる3つの理由

1.『ミニマリスト』としての側面

『ミニマリスト』としての側面

持ち物は最小限しか持たず、物には執着せず、増やす事を恐れさえしている。

『ミニマリスト』とは、必要最低限の持ち物だけで生活する人を指します。
食器は1人分のみ、着替えは2~3種類だけなど。

スナフキンはその究極体とも言える。
増やすことを恐るってそんな感情に全くなったことないです。
むしろ持ってないと不安だという声が一般的ではないでしょうか。

価値のあるものを大事に、価値のないものに執着しない。

スナフキンはものの価値を見極められる男なのです。

2.『ノマドワーク』を実践している

『ノマドワーク』を実践している

自然の美しさや自由のすばらしさに感動した歌を作ったり、演奏したりする

スナフキンは冬になるとムーミン谷を後にし、旅に出かけます。
そもそもスナフキンは旅人という設定ですしね。

自由と孤独を愛しているスナフキンは、その素晴らしさを歌にしております。

自分らしい生き方を歌として発信することで、人々に感動を与えています。

世界一周しながら動画やブログを投稿しているワーカーと同じ。
スナフキンは、それを歌にのせて伝えているのです。

ムーミンの世界においても、『発信力』は大切なんですね。

3.『意識高い系』からの脱却

『意識高い系』からの脱却

大変なも物知りであるが決して知識をひけらかさない。

この要素が、ムーミン谷のみんなに愛される最大の理由です。

  • 専門的な言葉を使って話をする
  • 相手が求めていない知識を提供する

私も普段気をつけていますが、一番陥りやすいパターンだと思います。
勉強している自分を知ってほしく、相手にとって不必要な話を延々と話してしまう。
俗に言う『意識高い系』と呼ばれやすい人ですね。

一番大事なのは、『相手の求めていることに対して、応えてあげること』です。
困っている人にそっと解決案を提示してあげることで、『物知り』という栄光が手に入るのです。
スナフキンは、マッチングさせる能力もずば抜けているのです。

まとめ

今こそ、スナフキンになろう

今こそ、スナフキンになろう

スナフキンの魅力が伝わりましたか?
スナフキンは、『ミニマリストであり、ノマドワーカーであり、Not 意識高い系』なのです。
憧れる理由がわかっていただけましたでしょうか?

ノマドワーカーを目指すには、スナフキン先輩を見習わうべきだと思います。
自由に生きることで自分自身も裕福になり、世の人にも愛される人物。
みんなに愛されるノマドライフを目指していきましょう。

今日からできること

今日から実践できる具体例を書きました。
自分自身も意識しながら、サラリーマンとフリーランスのパラレルワークに挑戦していきます。
この3つ守れた先に、きっと生きやすい環境が待っていることでしょう。

今日からできる3つのこと
  1. 断捨離をし、モノゴトの必要性・重要性を見極める
  2. 自分が目指す生き方をブログで発信する
  3. 誰に向けて話をするのか意識する
ABOUT ME
かじっくす
かじっくす
社内SE/ブロガー/Webマーケター。 27歳の転職をきっかけに、ブログに出会い、会社員ブロガーになる。 月間1.5万人に読まれる地域特化ブログ「カジトリクエスト」の編集長。 趣味は、ウイイレ・音楽・読書です。
富山県民なら要チェック!!