レビュー

【書評】センス入門から学ぶ、センスがある人になるためのたった1つの方法とは?

【感想】センス入門から学ぶ、センスがある人になるためのたった1つの条件とは?

こんちは!かじっくすです。

今回紹介する本は、こちら!
「センス入門」松浦弥太郎

あなたのまわりに「センスのかたまり」って感じの人いませんか?
10秒間頭の中で考えてみてください。

(・・・10秒経過)

あなたは、その人に憧れを持っていませんか?

実はセンスのある人も最初からセンスがあったわけではありません。
センスは作れるんです!(かわいいは作れるみたいな言い回し笑)

それは、トーク力?ファッション?立ちふるまい?
いったいそれは何なのでしょうか?

▼こんな記事もおすすめ▼

本
読書嫌いだったぼくの人生を変えてくれたおすすめの本20選【随時更新】読書嫌いのぼくも、20代後半から本を手に取るように。今更気づきましたが、本は自分を磨く上でコスパ最高のツールです。先人たちの考え方や技術が1,000円ちょっとで手に入るのだから。『自分らしい働き方』を目指す上でおすすめの本を20冊チョイスしました。後半はブログやホームページなどのWebメディア制作/運営に役立つ本です。...

センスという言葉の意味は?

センスという言葉の意味は?

1 物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現されたもの。「文学的なセンスがある」「センスのよくない服装」「バッティングセンス」
2 判断力。思慮。良識。「社会人としてのセンスを問われる」
引用元:コトバンク

センスとは、要するにめちゃくちゃ空気を読む力が強いということ。
TPOを見極めて、その場にフィットした服装や言動を選択できる能力があるということです。

センス入門とはどんな本なのか?

センス入門は、大きく3つのセクションに分かれています。

センス入門のセクション
  1. センスのいい人とは?
  2. センスを磨くアイデア
  3. センスのお手本

センスという言葉の説明から、身近にあるセンスのアイデアまで書かれています。
身近にあるものごとや行動から、センスについて学んでいく本です。

仕事も人生も、ある程度先へ行くには「センス」が必要だ。
引用元:センスの手本/松浦弥太郎

すべての成長の根底にあるスキル、それがセンスであるという。

「暮しの手帖」の前編集長、松浦弥太郎が著者

著者は、カフェや書店でもよく見かける「暮しの手帖」の前編集長である松浦弥太郎さんです。

現在は、COW BOOKS代表をされていて、クックパッドの新サービス「くらしのきほん」の編集長でもあります。

センス入門では具体的な場面をピックアップ

センス入門では、いろいろな場面をピックアップして紹介されています。
そのため、人がどんな時にセンスを感じているかを理解することができます。

その1つとして、ファッションがとりあげられています。

ファッションにおけるセンスと聞くと、どうしても奇抜なファッションをイメージしてしまいがち。
センス入門ではこのように書かれています。

「昨日、僕は、服のセンスのいい人に会いました。」
その場合、その人がじっさいには何を着ていたか、それが思い出せない人こそセンスのいい人です。

センスの良いファッションとは、誰にでもできないような服装を身につけることではありません。
すべての人に清潔感をあたえ、その場所の空気になじめる。
これが、ファッションにおける「センスのいい」という話になります。

こういった具体的な例が、著者の体験をもとに書かれています。

センスという言葉が身近に感じ、ぼく自身も磨けそうな気がしてくる。
そういったような内容が盛りだくさんです。

センスがある人に共通していえる1つの条件

センスがある人に共通していえる1つの条件

いよいよ、この記事のメインのお話です。

「センスがある人に共通している1つの条件とは?」

それは・・・

かじっくす
かじっくす
センスのある人の条件は、自分の実体験しか話をしないということ。

口コミや人から聞いた話を口にせず、自分自身で経験した内容を話ます。
このルールでなぜセンスがある人になれるのでしょうか?

経験を増やし、自分の引き出しを増やす

“自分の体験しか話をしない”ということは、多くの話をしたければ体験を増やすしかありません。

人からおすすめされたレストランに行って、自分の舌で確かめる。
雑誌で読んだ服を買って、着てみる。

このように、ルールを守ることで、自分の経験値を高めていくことができます。

多くの失敗がセンスを磨き上げる

「ここはおいしいよ」とすすめられて行ってみたら、ちっともおいしくないということもあるのです。
いつも失敗しないで、「当たり」ばかり続くと、人間というのは、それがふつうになってしまいます。

自分の経験を増やすということは、失敗することもたくさんあるでしょう。
自分の五感で経験し自分の口から話することが、センスを磨く近道となるわけですね。

かじっくす
かじっくす
成功の反対は失敗ではない、何もしないことだ。
これはセンス入門の第1歩目だったんですね。

Amazonのレビューを見てみよう

この本に書いてあることを沢山実践していくと
素晴らしい大人になれそうです。
かなりレベルの高いことが書いてあります。
私はこの本と出会えて良かったです。

いい本です。人としてのセンスが足りない自分にプラスになる本でした。
何度も繰り返し読んでます。
松浦さんの本は、大切な事を教えてくれるような気がします。
1日の始まりに読むようにしてます。

【感想】センス入門のおすすめポイントをおさらい

センス入門について、おすすめポイントをおさらいします。

センス入門のおすすめポイント
  1. センスにまつわるエピソードが盛りだくさん
  2. センスを磨くことは誰にでもできる
  3. 失敗をたくさんすることは、センスにつながる

センス入門を毎日読んで、センスを磨こう

センス入門は、毎朝、スラっと目次を読むだけでも勉強になります。
日頃できそうでできていないことに、パッと目覚める一冊でした。

かじっくす
かじっくす
センスあるなぁ〜って関心するだけじゃもったいない。
あきらめないで、あなた自身のセンスを磨いてみましょう!

Amazonと楽天ブックスで購入できます

センス入門は、Amazonまたは楽天ブックスでこちらからお買い求めできます。

▼こんな記事もおすすめ

本
読書嫌いだったぼくの人生を変えてくれたおすすめの本20選【随時更新】読書嫌いのぼくも、20代後半から本を手に取るように。今更気づきましたが、本は自分を磨く上でコスパ最高のツールです。先人たちの考え方や技術が1,000円ちょっとで手に入るのだから。『自分らしい働き方』を目指す上でおすすめの本を20冊チョイスしました。後半はブログやホームページなどのWebメディア制作/運営に役立つ本です。...
ABOUT ME
かじっくす
かじっくす
社内SE/ブロガー/Webマーケター。 27歳の転職をきっかけに、ブログに出会い、会社員ブロガーになる。 月間1.5万人に読まれる地域特化ブログ「カジトリクエスト」の編集長。 趣味は、ウイイレ・音楽・読書です。
富山県民なら要チェック!!