【HINGE(ヒンジ) レビュー】大人のメモ帳、瞬間的にアイデアを書き出そう

「浮かんだアイデアを突然(とっさ)にメモに残したい」

iPadやパソコンなどのガジェットも便利ですが、やっぱり紙も良いもんですよね。

そんなビジネスマンの強い味方、メモのミニマルツール「HINGE(ヒンジ)」をご紹介します。

目次

「HINGE」とは?「ミニマルなメモ帳ホルダー」

HINGEとは?

HINGEはTENTというクリエティブユニットが制作したメモ帳ミニマルツールです。

見て楽しく、 触って嬉しく、使うほどに愛着が湧くものづくり」をテーマに作られたプロダクトを日々プロデュースしております。

HINGE(ヒンジ)はそんなTENTの中でもトップクラスの人気を誇っており、Youtuberやブロガー界隈でも多く紹介されております。

HINGEはペーパーホルダー

紙のストック、ペンホルダーがホルダー自体に付いているので、これを一冊持っておけばすぐにメモに残すことが可能。

「メモ帳に、文房具に・・・」なんて慌てることもありません!

「HINGE」の種類

「HINGE」の種類

HINGEはA4サイズを中心にA5やA6、2020年にはB5(大学ノートサイズ)が発売されました。厚みや収納ポケットサイズを拡大したProシリーズもあります。

カラーは白と黒の2種類です。ぼくはホワイトカラーのHINGE A5サイズを購入しました。

created by Rinker
idontknow.tokyo
¥1,800 (2020/12/03 23:35:14時点 Amazon調べ-詳細)

「HINGE」を実際に使ってみた

「HINGE」を実際に使ってみた

A4サイズということで、大好きな無印良品でルーズリーフを購入してきました。もちろんコピー用紙なんかでもOKです。

重量は120g、ペンと紙を合わせてもまったく重さは気になりません。

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥627 (2020/12/04 10:26:13時点 Amazon調べ-詳細)
ペーパーホルダーの材質が良い

ホルダー部分は”独自の用紙ホルダー”と言うだけあって、バシッと紙をおさえてくれます。

HINGEはペーパーホルダー

ぼく自身筆圧は強い方なんですが、「書いていてずれてしまう」なんて心配はまったくありませんでした。

紙のストックも可能

A4用紙も20枚まで収納可能なので、「紙がなくなった!」なんて心配もないでしょう。

実際に紙を収納してみたところ、20枚はちょっとキツキツかも。普段使いするときは10枚程度が理想ですね。

ペンもばっちり収納

ホルダーに穴が空いてるだけのように見えます。しかし、ペンを差し込んでみたところ「ビタっ」と収納できました。

そして、クルッと回せばすぐにペンを取り出すことが可能です。

描きたいすべてのシチュエーションに 思いついた瞬間のメモの他 出先でもお絵かきしたいお子様や 風景画を描きたい方など いますぐ描きたいという 全ての衝動に、立ち上がり1秒で応えます。

こちらは公式サイトの文面ですが、狂いはないですね!良い買い物をしました。

「HINGE」はこんな人におすすめ

「メモした内容をずっと残しておきたい」という方には向いていません。

冒頭にも書いたように、「思いついたことをその場で書き留めたい」という方におすすめです。

ぼくもWebエンジニア&マーケターをしているのですが、がっつりメモするときはパソコン、日常使いのメモとしてHINGEといった形で使い分けをしております。

以下のようなシーンのときに、HINGE(ヒンゲ)は大活躍することでしょう!

  • 打ち合わせ
  • 自身の考えやアイデアの整理
  • プログラムのアルゴリズム設計

まとめ

HINGEとは?

本記事では、【HINGE(ヒンジ) レビュー】大人のメモ帳、瞬間的にアイデアを書き出そう について解説してきました。

機能性とデザインを兼ね備えたミニマルツール、ビジネスマン全員におすすめしたい文房具です。

お値段も1,000~2,000円とちょうど良い価格帯。「友達や旦那さんにプレゼント」にもおすすめできますね。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

created by Rinker
idontknow.tokyo
¥1,800 (2020/12/03 23:35:14時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コーヒーとガジェット好き。ときめくモノで暮らしをアップデートするメディア「しろくまスタンド」の編集長。転職2回を経て金融×テック系のWebマーケター。富山暮らし32年目の1児のパパ。

目次
閉じる