イベント

【氷見まつり 花火】人混みなし!落ち着いて見れる隠れ場所『朝日山 休憩施設』

【氷見まつり 花火】人混みなし!落ち着いて見れる隠れスポット「朝日山休憩施設」

こんちは、かじっくすです。

8月第1週目に氷見市で開催されるイベント『氷見まつり』。
イベントの目玉は夜に打ち上がる花火大会、2018年は県内最大級の5,500発を打ち上げました。

しかし、美しい花火大会も「人混み」「行列」「駐車場がない」などの問題が・・・。
そんな悩みを解決してくれる穴場スポットがあるのはご存知でしょうか?

それは、氷見高校のとなりにある『朝日山(あさひやま) 休憩施設』です。
早速、紹介していきます。

氷見まつりの花火はどこでやってるの?

氷見まつりの花火は、氷見漁港や番屋街の近くの海岸線から見ることができます。

ひみ番屋街で記念撮影

駐車場はたっぷりあるのですが、県内最大級ということもあって毎年混雑していますね。
そこで、今回紹介したいのが『朝日山 休憩施設』という穴場スポットです。

『朝日山 休憩施設』はどんな場所?

「使うこと」「考えること」「作ること」が一体となった公園づくりの拠点となる施設。
この休憩施設を中心に人がつながっていく、コミュニティづくりの一貫として2017年にオープンしました。

『朝日山 休憩施設』はどんな場所?

施設内には「エアコン」「トイレ」「シンク」「テーブル・椅子」が完備されています。

休憩施設の館内

20~30人入れるキャパなので、花火大会当日もワークショップが開催されていました。
2018年8月時点で、フリーWi-Fi工事を実施しているそうで、さらに可能性が広がる予感。

▽嫁さんのバックショット

嫁さんと休憩施設

▽ワークショップの様子

施設内でワークショップ

▽無料配布されたそうめん
無料配布されたそうめん

施設のまわり一体は芝生に囲まれているので、子どもが走り回っても安心です。

一面は芝生なので走り回ってもOK

朝日山は、花見の名所

ここ朝日山は4月になると桜が綺麗に咲き、富山県内の花見の名所としても有名です。
夜になるとぼんぼりが照らされ、夜桜を楽しむことができます。

『朝日山 休憩施設』のアクセスと駐車場

氷見駅から徒歩1時間はかかると思いますので、公共交通機関はおすすめできません。
車での移動が今のところ、ベストな選択になります。

休憩室の目の前に40台ほど駐車できるスペースがあるので、イベント開催時も心配いりません。
徒歩7分、休憩施設から少しくだったところにも同じ規模の駐車場があります。

氷見まつりの花火はどうだった?

休憩施設から、花火はどのように見えたのでしょうか?
下から見たとかのか、横から見たのか・・・、書いていきます。

黄昏時、山から見下ろすオーシャンビュー

到着したのが花火が始まる1時間前、19時頃はちょうど日が暮れる頃。
山の上から見る黄昏時の富山湾は、それまた絶景。

黄昏時、山から見下ろすオーシャンビュー

徐々に夕闇に隠れてきた海も、また良き。

夕闇にそまる富山湾

芝生の上で花火を楽しむ

当日は100人強の方が、朝日山休憩施設に集まりました。
ピクニックシートや簡易ベンチに座って、まるでキャンプ気分。

芝生の上で花火を楽しむ

いよいよ花火が始まりました。
角度的には少し見上げるようなカタチ、写真で見ると遠く感じますが実際は十分に楽しめる距離でした。

花火がスタート

目の前に、親子で花火を楽しむ姿があり、カメラ小僧かじっくすは思わずパシャり。

【氷見まつり 花火】人混みなし!落ち着いて見れる隠れスポット「朝日山休憩施設」

何かピントを合わせていい感じに・・・、嫁さんをパシャり。

嫁さんと花火

そんな感じで約1時間、時折撮影しながら最後のフィナーレをパシャり。

氷見祭りの花火フィナーレ

ぼくたちも車で来ていましたが、混むことなくスムーズに帰ることができました。
人混みを避けてのんびりと家族で花火を楽しみたいアラサー世代には、最高のスポット。
『朝日山 休憩施設』、すばらしい!

まとめ:落ち着いた雰囲気で、また花火を楽しみたい

がっつり近くで花火を見たいという方には物足りないかもしれません。
しかし、小さなお子さんや家族みんなでのんびりと楽しみたいという方には絶対おすすめ。
来年もワークショップや飲食店が出店するそうで、さらにイベントが発展していくこと間違いなし。

花火ではなくても、『朝日山 休憩施設』からのオーシャンビューは絶景なので、氷見にお越しの際は行ってみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
かじっくす
かじっくす
社内SE/ブロガー/Webマーケター。 27歳の転職をきっかけに、ブログに出会い、会社員ブロガーになる。 月間1.5万人に読まれる地域特化ブログ「カジトリクエスト」の編集長。 趣味は、ウイイレ・音楽・読書です。
富山県民なら要チェック!!