ミニマルなもの

『HHKB HYBRID Type-S レビュー』打ち心地抜群のMacの無線キーボード。

『HHKB HYBRID Type-S レビュー』打ち心地抜群のMacの無線キーボード。




悩んでいる人

  • HHKB Type-Sのキーボードが欲しいけど、高くて買おうか迷っている。
  • キーボードで3万円オーバー、エンジニアじゃなくても買う価値はあるの?

そんな悩みを、こちらの記事で解決していきます。

結論から言います。Macユーザーで迷っているあなた、控えめに言って買っておいて損はないでしょう。

なぜなら、あなたが想像している何倍、何十倍と最高の打ち心地がこのキーボードには秘められているからです。

偉そうな事を言っていますが、ぼくも買うまで3ヶ月以上かかっちゃいましたけどね。笑

ぼくと同じような人間を生んではいけない!

というわけで、本記事ではHYBRID Type-Sの仕様と使ってみた感想・グッドポイントを徹底的に解説していきます。

HHKB Type-Sを手に入れれば、意識が高まり、『キーボードを打ちたくて、ブログを執筆するような逆転現象』なんて起きちゃいますよ!

かじっくす
ぜひ、迷っているあなたもゲットしてこの感覚を体験してください。質の高い仕事人を一緒に目指していきましょう。
created by Rinker
HHKB
¥35,200 (2020/05/25 15:20:03時点 Amazon調べ-詳細)

「HHKB HYBRID Type-S」の購入にいたった背景

「HHKB HYBRID Type-S」の購入にいたった背景

まずは、ぼくのHHKB Type-Sの購入するまでの背景を書いていきます。

自宅ではワイドディスプレイで作業したい

自宅ではワイドディスプレイで作業したい

ぼくが普段使いしているPCは、Macbook Proの13インチモデルです。外に持ち出しやすいサイズ感で重宝はしていますが、作業するにはちょっと画面サイズが物足りなかったり…

そこで、外部出力してワイドディスプレイを使うようになりました。その際に外付けのキーボードが欲しくなったのきっかけです。

Bluetoothのキーボードがマスト

Bluetoothのキーボードがマスト

ご存知のとおり、Macbook Proは2015年からUSBポートがTYPE-Cになりました。さらに、ポート数は2つだけ。

  • 1つ目:電源供給
  • 2つ目:ディスプレイ外部出力

ワイドディスプレイ使いをしようとすると、USBポートが埋まってしまいました。必然的にBluetoothキーボードを選ぶしかなかったわけですね。

Magic Keyboardも使ってみました

Magic Keyboardも使ってみました

Appleの純正キーボード「Magic Board」も実は持っていまして、HHKB Type-Sを購入する前まで使っていました。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥10,879 (2020/05/25 15:28:04時点 Amazon調べ-詳細)

純正のキーボードを使っていて、以下のような点が気になりましたね。

  • キーストロークが浅く、指先に疲労感が残る
  • 矢印キーのキーの幅が狭く、作業効率が悪い

軽くて持ち運びやすさもあったのですが、長時間ブログの執筆やプログラミングで利用するにはちょっと物足りなさを感じ、HHKB Type-Sの購入を決めました。

created by Rinker
HHKB
¥35,200 (2020/05/25 15:20:03時点 Amazon調べ-詳細)

「HHKB HYBRID Type-S」の仕様

「HHKB HYBRID Type-S」の仕様

感想・レビューの紹介の前に、HHKB Type-Sの仕様をおさらいしていきましょう。

静電容量方式の打ち心地良さ

プログラマーに人気の静電容量方式が採用されています。心地より跳ね返りとホコホコとしたタイピング音が最高です。

同じ静電容量方式で人気のRealForceのキーボードも使ったことはあります。Type-Sの場合、静音性がさらに長けている印象でした。

最大4台まで同時接続可能

Bluetooth接続はあらかじめ、4台までのデバイスを接続することが可能です。接続方法が簡単で、一度登録しておけばサクッと切り替えができます。

かじっくす
スマホのキー入力も、ワンタッチで切り替え可能です。ぼくの場合は、インスタの投稿に重宝しております。

「HHKB HYBRID Type-S」の種類

HHKB Type-Sの種類

HHKB Type-Sは全部で6種類あります。英語配列、無刻印配列の大きな特徴は、矢印キーがないところです。

モデル 英語配列 無刻印 日本語配列
質量 540g(電池含まず) 550g(電池含まず)
サイズ 294(W)×120(D)×40(H)mm キートップ上面まで
電源 単3形乾電池×2本、USBコネクターからの給電
サポートOS(Bluetooth接続) Windows8.1 / Windows10 / macOS 10.14~ / Android4.4~ / iOS11.4~ / iPadOS13.0~ Windows8.1 / Windows10 / macOS 10.15~ / Android4.4~ / iOS11.4~ / iPAdOS13.90~
サポートOS(USB接続) Windows7 / Windows8.1 / Windows10 / macOS10.12~
悩んでいる人
えっそれじゃあどうやってカーソル移動するの!?
かじっくす
ご心配なく。Fnキーとその他のキーの組み合わせで、矢印キーとして認識させることができます。

ぼくのMacbook Proが日本語配列ということもあり、独立した物理矢印キーのある日本語配列の白を購入しました。日頃から物理矢印キーに慣れている方は、素直に日本語配列を購入しておくと良いでしょう。

▼英語配列▼

created by Rinker
HHKB
¥35,200 (2020/05/25 16:52:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HHKB
¥35,200 (2020/05/25 15:20:04時点 Amazon調べ-詳細)

▼無刻印▼

▼日本語配列▼

created by Rinker
HHKB
¥58,283 (2020/05/25 16:52:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HHKB
¥35,200 (2020/05/25 15:20:03時点 Amazon調べ-詳細)

「HHKB HYBRID Type-S」のサイズ・重さ

「HHKB HYBRID Type-S」のサイズ・重さ

13インチのMacbook Proの横幅にスッポリハマる大きさ。このコンパクトさは、かなりグッドポイントですね。

キーボードの重さ

電池を入れて実際の重さを計測してみました。HHKBの公式サイトでは、「持ち運びできるサイズ感」を売り出していますが、毎日持ち運ぶには少し重たいかも。

かじっくす
外出先で長時間利用するのであれば、持ち運んでも良いかも。ちょっとカフェでノマドワークくらいであれば、家に置いていく感覚ですかね。

「HHKB HYBRID Type-S」のレビュー・良かったポイント

「HHKB HYBRID Type-S」のレビュー・良かったポイント

本記事のメインとなるHHKB Type-Sのレビュー・良かったポイントを紹介していきます。

打ち心地が予想以上に良い

Youtubeやブログ記事で買った人みんな言っていますが、想像していた数倍以上打ち心地が良い。この打ち心地だけで3万円以上の価値があるなとぶっちゃけ思いました。

かじっくす
程良いキーの跳ね返りとホコホコとした感覚が、ずっと打っていてクセになります。毎日打っていてもまったく飽きません。

パソコンに向き合う意識が高まる

プライベートでベースを弾くのですが、高い楽器を買った感覚と似ているなと思いました。

「最高峰のキーボードを買ったからこそ、自分も高みを目指さなくてはいけない」

洗礼されたガジェットを手に入れることで、あなたを未知の世界へ連れていってくれるかもしれません。

日本語配列と独立物理キーは必要

玄人志向のエンジニアでない限り、日本語配列キーボードで問題ありません。むしろ、独立した物理矢印キーがないことを想像すると、辛い気がしますね。

日頃使っているMacが日本語配列であれば、そのまま日本語配列を買う方向で良いでしょう。

「HHKB HYBRID Type-S」のダメなところ

「HHKB HYBRID Type-S」のダメなところ

HHKB Type-Sは良いところだらけですが、ダメなところも書いておきます。

値段が高い

35,000円は、業界トップクラスの高額のキーボードになります。ゲーミングキーボードに採用される赤軸や青軸などであれば、1万円前後で買えちゃいますからね。

かじっくす
デスクワーク・パソコンの作業にウェイトを置いていない人は、買わなくても良いでしょう。

持ち運びするには重い

持ち運び用に検討している人には、おすすめできません。電池を入れて600g弱の重さは、毎日の持ち運びには向いてないですね。

「HHKB HYBRID Type-S」はこんな人におすすめ

良いポイントと悪いところをふまえた上で、HHKB HYBRID Type-Sは、こんな人におすすめです。

こんな人におすすめ

  • ブロガーとしてさらに収益化をあげたい人
  • 1日8時間以上はパソコン作業をする人
  • Mac用のBluetoothキーボードを探している人

金額的に玄人向けであることは間違いないありません。しかし、これから仕事・副業をもっと頑張りたいという意識が高い人にもおすすめです。

さらに耐久性にも優れているので、一生を共にできる相棒と考えれば3万円は安いもんでしょう!

まとめ

まとめ

HHKB HYBRID Type-Sの仕様と良かったポイントを中心に紹介してきました。

この記事を読んでいるほとんどの方が、何度も買い物カゴに入れてポチッとしようとしたことはあるでしょう。

騙されたと思って買ってください。このホコホコ感をぜひとも体験して欲しいです。

作業効率も高まり、机に思わず向かってしまうこと間違いなし。HHKB HYBRID Type-Sをお買い求めください。

created by Rinker
HHKB
¥35,200 (2020/05/25 15:20:03時点 Amazon調べ-詳細)

-ミニマルなもの
-

© 2020 カジトリ