カテゴリ別に見にいく

TechAcademy フロントエンド | 無料体験を機に受講を決意!「事前学習〜1週目までレポート」

TechAcademy フロントエンド | 無料体験を機に受講を決意!「事前学習〜1週目までレポート」

こんちは!かじっくす(@tomo345)です。

2019年6月に育児×在宅勤務をスタートさせ、仕事もプライベートもモチベーションだだ上がり中。

かじっくす

この1年の間に自分をもっとアップデートせな!

そんな感じで勢いで受講をスタートしたTechAcademyフロントエンドコース転職する前のSEだった頃の気持ちを呼び起こして、日々奮闘中です。

本記事では、以下の内容についてレポしていきます。

本記事の内容

  • TechAcademyの無料体験談
  • フロントエンドコース 事前学習
  • フロントエンドコース 1週目

率直な意見として、メンターの存在はとっても大きいことを実感。聞ける人、見てくれる人がいるってステキ

TechAcademyのフロントコースが気になっている方の参考になれば、幸いです。

メンター面談もついてくる

10,000円割引のクーポン付き


【未経験でも大丈夫】30代からプログラミングをはじめる3つの理由+α【未経験でも大丈夫】30代からプログラミングをはじめる3つの理由+α

プロフィールとプログラミング歴

かじっくすのプロフィール

まずは、自分の簡単なプロフィールとプログラミング歴を紹介します。

年齢 30歳(2019年時点)
仕事 会社員(製薬会社の社内SE)
家族 妻1人、娘1人(マスオさん生活)
プログラミング歴 Java:2年、VB.NET:2年、VBA:2年、HTML/CSS:2年

かじっくす

転職するまでは、4年間ほど県内のSier企業でECサイトの画面開発や業務アプリの開発に携わっていました。Webアプリ開発については、ブログ運営や知人のサイト制作を手伝ったくらいでほぼ独学。本格的に勉強するのは今回が初めてです。

TechAcademyの無料体験

TechAcademyの無料体験

TechAcademyでは、メンターの面談付きの1週間の無料体験を受けることができます。

登録は5分でサクッとできました。ここからは「無料体験がどんな内容だったのか?」を紹介していきます。

HTMLとCSSの簡単なカリキュラム

無料体験のカリキュラムは、Webサイト制作の入門編といった形になっています。内容は以下のとおりです。

カリキュラムの内容

  • はじめに
  • Webページについて
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • TechAcademyのサービス

かじっくす

内容は、プログラミング経験ゼロの方向けになっています。「Webページってどうやって表示されているの?」って方でも全然OK。逆にわかっている人にとっては、物足りないかもしれません。

カリキュラムの進め方【読む→理解する→コーディング】を無料体験を通して、イメージしていくって感じですね。

メンター面談で悩み解決

面談の相手は、Webクリエイターボックスでお馴染みのManaさんでした。HTML/CSSを勉強していた頃によく読んでいたサイトの運営者だったのでビックリしましたね。

メンター相談で悩み解決

メンター相談で悩み解決

以下、面談時のやりとりとなります。

かじっくす

何となくフロントエンジニアコースを選ぼうと思っているのですが、Webアプリケーションコースと迷っています。
近年ではJavaScriptのサイトも増えてますし、直観を信じてフロントエンジニアコース受講されて大丈夫ですよ♪

manaさん

かじっくす

セット受講ってやつもありますよね?
セット受講ですと、4週間×2セットになるのですが1日の平均学習時間が約4時間となります。会社員をしながらですと辛いのでおすすめしません。

manaさん

かじっくす

転職までは考えていないのですが、受講後は副業として、Webサイト制作案件に携わりたいと考えているのですが、可能ですか?
もちろん可能です。TechAcademyは、クラウドワークスと連携しているので、そういった案件の紹介だったり、相談にのることもできますよ♪

manaさん

30分間限定でしたが、聞きたい事をガッツリ聞けて大満足!話しやすい雰囲気だったので、カジュアルに質問できましたね。

「夏のボーナスも入ることだし、ここは自分への投資だ!」という思いで、フロントエンジニアコース(8週間)の受講を決意しました!

クラウドワークスで月3万円を子育てしながらコツコツ稼ぐ方法クラウドワークスで月3万円を子育てしながらコツコツ稼ぐ方法

フロントエンドコースとは?

フロントエンドコースとは?

一言で言うと、Webエンジニアとしての基礎・応用スキルを身につけたい方に向いているコースです。

フロントエンドとは、ユーザと直接やりとりする部分になります。Webブラウザ上に表示される見た目、お客様が実際に見たり、触ったりする舞台です。Webサイトのレイアウト作成から始まり、メニュー、ボタン、さらにはアニメーションなどをブラウザ上で動くように作るのが、フロントエンジニアの役割です。

JavaScriptやjQuery、Web APIを活用できるスキルが身につくので、HTML/CSSだけでは実現できないリッチなサイト制作ができるようになります。

フロントエンドコース 事前学習

フロントエンドコース 事前学習

申込してから入金が確認されると、カリキュラムを事前に進めることができます。いかにスタートダッシュが切れるかがカギ、黙々と進めていきました。

みなさんが気になるカリキュラムは以下のとおりです。(青字の部分が、事前学習で完了できたレッスンです。)

フロントエンドコースのカリキュラム

  • Lesson0 事前準備
  • Lesson1 フロントエンドの概要
  • Lesson2 HTML/CSS
  • Lesson3 JavaScript
  • Lesson4 jQuery
  • Lesson5 Bootstrap
  • Lesson6 外部ライブラリ
  • Lesson7 Web API
  • Lesson8 BaaS
  • Lesson9 Vue.js
  • Lesson10 オリジナルサイト
  • Lesson11 更に学ぶために

かじっくす

HTML/CSSはブログ運営でチョコチョコ触っていたので、ガシガシと突き進めることができました。学習時間は平均1時間~2時間程度は取れていたと思います。

フロントエンドコース 1週目

フロントエンドコース 1週目

2019年6月17日(月)からいよいよ受講がスタートしました。とはいえ、事前学習で既に要領は掴んでいたので、どんどん進んでいくのみ!

ちょうど1週間経過したので、レポートを書いていきます。ちなみに、進捗は以下のとおりです。(青文字が完了したカリキュラム)

フロントエンドコースのカリキュラム

  • Lesson0 事前準備
  • Lesson1 フロントエンドの概要
  • Lesson2 HTML/CSS
  • Lesson3 JavaScript
  • Lesson4 jQuery
  • Lesson5 Bootstrap
  • Lesson6 外部ライブラリ
  • Lesson7 Web API
  • Lesson8 BaaS
  • Lesson9 Vue.js
  • Lesson10 オリジナルサイト
  • Lesson11 更に学ぶために

JavaScriptとjQueryに苦戦

HTMLとCSSは時々ブログで触っていたので、難なくクリア!しかし、問題はフロントエンドのメインでもあるJavaScriptとjQueryです。

かじっくす

いつもはWordPressの有料テーマに任せきり、改めて勉強すると奥が深いですねぇ。

お家に例えるなら、「HTMLは枠組み、CSSは装飾、JavaScriptは電気を通す」といったイメージだそうです。ここのスキルを身につければ、対応できる範囲が広がるので、地道にカリキュラムを進めました。

質問のレスポンスがとにかく早い

課題提出や質問を投げた後のレスがとにかく早くてびっくりしました。早い時は1分で返信がくることも…。

さらに、スクリーンショットやGIFを使って解説してくれるのでわかりやすい。TechAcademyの受講料は10万円以上しますが、メンターにすぐ相談できるのはお金に変えがたい大きな価値がありますね。

初めてのメンタリング面談

自分のメンターは40代の現役SEの男性の方でした。COBOLという言語から入り、転職を重ねてWeb系アプリ全般の開発スキルを身につけたそうです。

初回ということで、自己紹介を中心に以下のような内容をお話しました。

メンタリング面談の内容

  • お互いの自己紹介
  • 各ツールの使い方説明
  • 受講の動機
  • 目標の情報共有
  • 学習スケジュールの共有
  • 課題のレビュー

かじっくす

今回のメンターさんは男性でしたが、無料体験の時と同様で気軽にお話することができました

事前学習の甲斐もあって、ハイペースで学習を進められていました。このペースでガシガシ進めて、早い段階でオリジナルサイトの制作に入っていきたいと思います。

ちなみに、オリジナルサイトをコンテストに出品することもできるそうな。優秀作品に輝くと、好きなコースを無料で受講できるチケットが貰えるということで、テンションもグーンと上がりましたね。

一歩目が大事、無料体験からスタートしよう

まとめ

TechAcademyの無料体験からフロントエンドコースの第1週目までの体験談をお話してきました。

カリキュラムは文章ベースなので難しい部分もありますが、メンターに質問を投げられるのでスムーズに進められます。また、今後の課題に向けたアドバイスをしてくれるので、心強いです。

第2週目からはWeb APIやBaaS、Vue.jsなど、フロントエンドコースのメインディッシュがスタートします。難易度がグッと上がることが予想されますが、しっかりついていきたいと思います。

誰かに見てもらえる=モチベーションを維持できる30代からのプログラミングは、お金をかけた方がコスパが良いです!

考えるより、まずは行動を!TechAcademyは無料体験もあるので、受けるだけでも損はしませんよ♪

一緒に30代ライフを豊かなものに変えていきましょう!

メンター面談もついてくる

10,000円割引のクーポン付き


【未経験でも大丈夫】30代からプログラミングをはじめる3つの理由+α【未経験でも大丈夫】30代からプログラミングをはじめる3つの理由+α 30代の生活を明るくする「minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ」30代の生活を明るくする「minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ」