【テックアカデミー 無料体験】体験談を語る。メンター面談で悩みを解決しよう

のアイコン画像

・未経験だけど、独学でプログラミングスキルを身につけたい
・テックアカデミーの無料体験ってどんな内容なの?
・どうしてテックアカデミー が人気なの?

そんな疑問に、こちらの記事ではお答えしていきます。

2020年現在もIT人材の求人倍率はどんどん高まるばかり。日本において、エンジニアを欲している状況です。

「プログラミングスキルを身につけて転職したい!」

ぼく自身もそんな一人で、2020年8月から資産運用コンサルティング会社のWebエンジニアとして働くことになりました。

元々SIerで働いてた経験はあるものの、Web系の開発の経験はありません。未経験者と言っても良いでしょう。もちろん、会社の仕事では、まったく開発するチャンスはありません。

のアイコン画像

そんなぼくをサポートしてくれたのが、「TechAcademy(テックアカデミー)」です。

ぼくはフロントエンドコース(8ヶ月)を受講し、会社員×副業というスタイルを経て、Webエンジニアになることができました。

とは言っても、最低15万円弱するコースですので、「いきなり申し込み!」にはハードルが高すぎますよね?

そんなあなたにおすすめなのは、「TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験」です。

1週間のカリキュラム学習を進めながら、テックアカデミーの教材の目玉となるメンター面談を体験することができます!

のアイコン画像

メンター面談では、プログラミングを勉強したい理由やどのコースを選んだらいいか?など、質問に対して丁寧に答えてくれるので、初心者の方も安心ですよ。

本記事では、実際に無料体験を受講したぼくが感想・レビューを解説していきます。

目次

プログラミング学習のメリット

プログラミング学習を始めるメリット

テックアカデミーの話をする前に、社会人になってからプログラミングを学習するとどんなメリットがあるのか整理しておきたいと思います。

ぼくが考えるプログラミングを学習するメリットは、以下の3つとなります。それぞれ説明していきますね!

のアイコン画像

「早くテックアカデミーの詳細が知りたい!」という方は、こちらからスキップしてください。

  1. 転職に有利、キャリアップの可能性がある
  2. テレワークへの一番の近道である
  3. 会社員×副業スタイルにもなれる

転職に有利、キャリアップの可能性がある

IT人材不足の問題

プログラミング学習をする最大のメリットは、転職に有利であるということです!

あなたも「IT人材不足」の文字をネットニュースやSNSで見たことはありますよね?こちら、実際にデータで見ると一目瞭然なんです!

70万人のIT人材が不足している

引用元:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(経済産業省)

日本国内のIT人材の動向を予想したグラフなんですが…。

IT人材は、2015年で17万人、2030年時点で59万人が不足すると言われています。

のアイコン画像

コロナショック後の2020年4月のデータを見ても全体平均の求人倍率2.58に対して、IT業界は驚異の7.85という数字を出しております。

求人倍率が高いという事は、それだけ希少性があるため大手企業への転職やキャリアアップへの道も近づくはずです!

現代の日本社会において、プログラミングスキルを身につけておけば、年齢・キャリア問わずに転職できると断言しても良いでしょう!

テレワークへの一番の近道である

憧れのテレワークを実現する

コロナショックがあって、テレワークができる・できないの明暗がハッキリできましたよね?

IT業界は日頃からコミュニケーションツールを積極的に使っていることもあり、無理なくテレワークにシフトできていました。

一方で、製造業やサービス業については現場ありきのビジネス。一朝一夕でテレワークを導入できない現実があります。

アフターコロナ後もきっとそれは変わりません。それならいっそのこと、プログラミングスキルを身につけてIT業界に飛び込むのもアリだなと個人的には思います。

のアイコン画像

ぼくもそう思い転職を決意しました。いつ・どこでも働ける人材に近づきたいなら、プログラマー、エンジニアを目指しましょう!

会社員×副業スタイルにもなれる

会社員×副業スタイルにもなれる

プログラミングスキルを磨いておけば、会社員をしながらLP制作やブログ運営などの副業も可能です。

副業の売り上げ
のアイコン画像

こちらは副業(LP・Webサイト制作)の売上グラフです。平日お家で1~2時間、余裕を持って働いて15万円/月を達成しております。

クラウドサービスは使っておらず、自営業をやっている友達や知人の方からの紹介のお仕事がメインです。営業をがっつり頑張ったわけではないのですが、ちょろっと動いてみると意外と困っている人は周りに多いものです。

テックアカデミーとは?

テックアカデミーとは?

ここから記事のメインである完全オンライン教材のテックアカデミーについて解説していきます。

テックアカデミーの特徴は以下のとおりです。

テックアカデミーの特徴

  • 日本e-learning大賞「プログラミング教育特別部門賞」の実績のある名実トップクラスの教材
  • すべてがオンラインでの受講、好きな場所で好きな時間に取り組める
  • 22種類の豊富なコース、最短4週間から受けられる
  • 週に2回のメンター面談で進捗管理、悩みをスッキリ解決
  • エンジニア転職保証コースもある

テックアカデミーの最大の特徴は、すべてオンラインで完結するところです。

他の教材の場合、東京・名古屋・大阪などの大きな都市にスクールをもうけるスタイルが多いです。都会住みの方は良いのですが、ぼくのような地方住みにとっては参加が難しいのが正直なところ…。

テックアカデミーではカリキュラムはもちろん、メンター面談もすべてオンライン!

最初の頃は「オンライン学習で大丈夫なの?」と不安な部分もあったのですが、受講してみると問題はありません。

テキストベースのカリキュラムもわかりやすく解説されていますし、Slackを使って気軽にチャットで質問したりできるのでスムーズに学習できました。

のアイコン画像

フロントエンドコースを受講してた時のメンターは、現役のPHPエンジニア。やさしく解説してもらえましたし、業界の話も聞けてとっても有意義な期間を過ごせました。

また、週に2回のメンター面談があるので、プログラミング学習を着実に習慣化することが可能です。

本気で転職を考えているのであれば、ダラダラと独学で頑張るのではなく、テックアカデミーで短期集中的にスキルを身につけることをおすすめします!

テックアカデミーの無料体験の良いところ

TechAcademyの無料体験

とは言っても、いきなり十万円以上の買い物をするのはハードルが高いですよね?自分にマッチしなかったらお金がもったいないですしね。

そんな方のために、テックアカデミーではメンター面談つきの1週間トライアルを無料で体験することができます!

氏名とメールアドレスを入力すれだけで申し込みOKです。登録には5分もかかりません!

ぼくもテックアカデミー1週間トライアルを体験してから、8週間のフロントエンドコースを受講しました。無料体験の詳細について、解説していきます。

未経験者でもわかる安心のカリキュラム

無料体験のカリキュラムは「Webサイト制作 入門編」、コンテンツは以下のとおりになっています。

  • はじめに
  • Webページについて
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • TechAcademyのサービス

学校の勉強と同じで「読んで理解し、実際にプログラミングを進めていく」ような流れとなってきます。

のアイコン画像

「ホームページってどうやって表示されてるの?」といったところからスタートするので、プログラミング未経験者の方も安心して読み進めることができます。

メンター面談を体験、悩みも解決できる

無料体験では、メンターとのオンライン面談を1回体験できます。ぼくの面談相手は、Webクリエイターボックスや書籍「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」でおなじみのManaさんでした。

(有名人にお会いした感覚で、テンションが高まりましたね!)

ぼくの場合、どのコースを選んだらいいかわからなかったので、メンターさんに色々と質問してみました。

フロントエンドコースとWebアプリケーションコースで迷っています。どちらを選んだら良いですか?

近年ではJavaScriptを使用したサイトも増えてます。直感を信じて、フロントエンドコースを受講されて大丈夫です。

セット受講ってありますが、ぶっちゃけどうなんですか?

会社員をしながらの学習の場合、セット受講はおすすめできません。1日の平均学習時間が4時間も必要となるので、あまり現実的じゃなので…。

転職のイメージはまだないのですが、副業でWebサイト制作にチャレンジすることは可能ですか?

A.もちろん可能です。TechAcademyの提携サービスとして日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」と提携しておりますので、案件の紹介や相談にのることもできます。

A.もちろん可能です。TechAcademyの提携サービスとして日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」と提携しておりますので、案件の紹介や相談にのることもできます。

約30分のオンライン面談でしたが、充実した時間を過ごすことができました。(テックアカデミーのコースを受講しなくても、このメンター面談だけでもメリットがあるかも笑)

メンターさんはカジュアルで話もしやすく、なんでも聞けるような雰囲気でした。独学でプログラミング学習をしている方は、メンター面談を目的に1週間トライアルを体験してもいいかも!

まとめ

本記事では、「【テックアカデミー 無料体験】体験談を語る。メンター面談で悩みを解決しよう」について書いてきました。

100%オンラインで解決できるテックアカデミーは、ぼくのような地方暮らしでエンジニアを目指す会社員にとってはピッタリの教材でした。

のアイコン画像

実際にフロントエンドコースを受講してから、Webエンジニアの転職に成功しましたしね!

「いきなり受講するのは高額だし、不安!」なんて方は、1週間の無料トライアルがおすすめ。

0円で現役エンジニアのメンターとお話できるだけで、お得です!誰にも相談できないようなことも一気に解決できるんですからね。

新しい自分に出会いたいなら、行動あるのみ!一緒にプログラミング学習をがんばりましょう!

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

コーヒーとガジェット好き。ときめくモノで暮らしをアップデートするメディア「しろくまスタンド」の編集長。転職2回を経て金融×テック系のWebマーケター。富山暮らし32年目の1児のパパ。

目次
閉じる