雑記

祝20周年! 携帯育成ゲーム『デジモン』がパワーアップして登場

祝20周年! 携帯育成ゲーム『デジモン』がパワーアップして登場

2017年、初代デジタルモンスターがバンダイから発売されて20周年を迎えます。
『おめでとうございます!!』

祝20周年を記念して、新しい『デジモン』が発売されるのはご存知ですか?
その名も『デジタルモンスター ver.20th』。

デジタルモンスターとは

たまごっちと同等の人気

デジモン 携帯ゲーム
( ソース:懐かし.com )

『デジタルモンスター』、通称『デジモン』。
1997年にバンダイから発売され、『たまごっち』と同様、一台ブームを起こしました。

デジモンの特徴と言えば、デジモン同士対戦できること。
シングルプレイからの脱却は、画期的なデバイスでした。

小学生だった私は、がっつりとデジモンにはまっていましたね。
こっそり隠れながら、学校で育成していた思い出があります。

アニメも大人気

デジモンアドベンチャー
( ソース:デジモンアドベンチャーREAL WORLD )
デジモンをさらに飛躍させた、アニメ『デジモンアドベンチャー』。
デジモンの世界観を見事に表現されていて、ストーリーもしっかりいる。
SF要素も少し入っていて、近代的なアニメでした。

2017年6月頃から、Amazonプライムに全シリーズが登場しました。
2000年の作品ですが、古さは全く感じられず、今でも楽しむことができました。
Amazonプライム会員の方は、ぜひぜひ観てみてください。

昔のデジモンと何が違う?

『今時、アプリじゃなくてデバイスで発売?』

そう思っているあなた、あなどるなかれ。
20周年モデルは、初代と比較してかなり進化しております。

  1. 育成できるデジモンの数
  2. 育成スピード
  3. 2体の同時育成とタッグ対戦
  4. Web対戦ができる

育成できるデジモンの数が桁違い

旧デジモンでは、1バージョンにつき、13種類のデジモンが登場しました。
なんとver.20thでは、バージョン1~5+αのデジモンたちが登場します。
登場キャラ数、驚きの154体。

もうワクワクとドキドキが止まりませんね。
とある条件を満たす事で、特殊デジタマも登場するそうです。

育成スピードが早い

『そんだけの種類、どれだけ時間かかるんだよ〜。』

大丈夫なんです。
なんと、育成スピードも進化しております。

旧バージョンでは、完全体まで12日間かかっていました。
ver.20thは約3日で、辿り着けます。
その差は、4倍です。
このスピード感があるからこそ、続けられそうですよね。

今回から完全体の上の『究極体』も登場します。
ばんばんバトルして育てていきたいですね。

同時育成とタッグ対戦

育成スピードだけではありません。
新しい機能である『同時育成』は、同時に2体のデジモンを育成することができます。
バージョン違いで育ててみたりすると、飽きがこなくていいかもしれません。

友達とタッグ対戦を楽しむこともできます。
通信することで、友達のデジモンのコピーを作成できます。
友達のデジモンとタッグを組んでのバトルもできます。

通信については、過去のデジモンやデジヴァイスもできるようです。

D-1グランプリがWebで復活

育てたデジモンをWeb図鑑に登録することができます。
Web上で開催される大会『D-1グランプリ』に参加できるのです。

育てる端末はあくまでデバイス。
育てたデジモンはインターネットへ。
アナログとのハイブリットが、どこか懐かしさもあって良いのかもしれません。

発売日とカラー

カラーは3種類

デジモンver.20th
( ソース:マイナビニュース )
カラーは3種類あります。
各色、デジモンをモチーフにしたカラーとなっています。
個人的には、ズバモンカラーが好みです。

発売日と価格

発売日は2017年12月発売予定となっています。
税込で¥3,780。

2017年8月19日(土)現在では、公式サイトにおける予約販売は終了しております。
欲しい方は、予約販売が再開されるか、一般販売を待つしかないですね。

まとめ

私の青春時代を共にすごしたデジモン。
懐かしいものが、進化して復刻されるとなんか嬉しいですね。

現在は、スマホゲームが主流かもしれません。
逆に、若者にとってデジモンのようなデバイスは、一周まわって新しく感じるのかも。
今年の暮れから2018年にかけて、『デジモン』ブームが再来するかもしれません。

公式サイト

デジタルモンスター Ver.20th

ABOUT ME
かじっくす
かじっくす
定時ダッシュ同好会 のリーダー。 「ぼんぼります」が口グセのゆとりSE。 月間1.7万PVの富山県の地域特化ブログ「カジトリクエスト」/個人で働き方改革を推進するメディア「定時ダッシュ同好会」を運営中。会社員とフリーの田舎ダブルワーカー👨‍💻 > 詳しいプロフィールはこちら
▼おすすめの5記事▼