コーヒー豆「TOKYO COFFEE(ペルー産) 中煎り」の感想。スッキリとした後味で飲みやすい一杯。

水出しコーヒーを作るためのWEMUG BREW BOTTLEと一緒にAmazonで購入しました。

TOKYO COFFEEは無農薬のオーガニックコーヒー豆を中心に取り扱っている卸売店です。

こちらのペルー産の豆は中煎りとなっており、苦味と酸味のバランスがとれた「フルシティーロースト」が特徴。

「後味スッキリ、食事と一緒にでも飲みやすい一杯」といった感じで、コーヒーが苦手な人にもおすすめできます。

本記事では、ペルー産のコーヒー豆の特徴や実際に飲んでみた感想を解説していきます。

目次

「TOKYO COFFEE」とは?

「TOKYO COFFEE」とは?
引用元:【公式】TOKYO COFFEE

TOKYO COFFEEの名前の起源は東京の端にある二世帯住宅の玄関先。

今は業者向けにもコーヒー豆を卸す規模の卸店となっています。

日本とアメリカのハーフの兄弟が新鮮で美味しいコーヒーを探求するため、コーヒー豆を煎り続けたところからスタートしているそうです。

新鮮×オーガニック(無農薬)のコーヒー豆にこだわっており、体や環境に影響を与えない有機コーヒー豆を取り扱っております。

焙煎したてのオーガニック コーヒーはコーヒー豆特有のナチュラルな甘みや酸味、苦味が味わえるとか。

コーヒー豆は公式サイトからも購入できますが、Amazonからも購入可能です。

種類は今回のペルー産だけではなく、ブレンドも販売しておりました。

ペルー産のコーヒー豆の特徴

ペルー産の特徴

本記事で紹介するコーヒー豆の産地「ペルー」について、COFFEE BOOKを使って調べてみました。

ペルーは南米の西側にあり、エクアドルやコロンビアが隣接しております。

ペルー産コーヒー豆の特徴

  • 世界の生産量ランキング 第9位
  • 高品質のコーヒーを生産しながらも、基準が不統一という問題に直面
  • 今は新しい産地への政府の投資も継続され、新たなアラビカ種の栽培も進んでいる

コーヒーを淹れて飲んだ感想

実際にコーヒーを淹れてみた感想

実際に「TOKYO COFFEE ペルー産 中煎り」を飲んでいきます。

フィルムでラッピングされており、中には感謝の思いが詰まったメッセージカードが入っていました。

後ろのシール

後ろにはコーヒー豆の詳細が書かれています。

「賞味期限は半年以上ありますが、コーヒー豆は鮮度が命です!」

開封後は早めに飲んでしまいましょう。200gなので、1日1~2杯飲んでたら2週間以内には飲み終えそうです。

1人前を測定

1人前ということで、12g測っていきます。(240gのコーヒーを落とす予定)

こちらはHARIO(ハリオー)のV60 デジタルスケール。本当は上位互換のメタルドリップスケールが欲しいところ。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥3,818 (2020/09/25 15:09:48時点 Amazon調べ-詳細)
コーヒーミルでガリガリ

愛用のコーヒーミル「ポーレックス」でガリガリしていきます。お家コーヒータイムは、この時間が良き。

お気に入りのORIGAMIドリッパー

お気に入りのORIGAMIドリッパーでじっくりとコーヒーを落としていきます。

以前、お店の方に教えていただいたレシピ通り、3回に分けて淹れます。

「ぽこぽこ」とガスが抜ける音、コーヒー豆がお湯を吸う音、サーバーにコーヒーが落ちる音、このハーモニーが至福の一時なんです。

スッキリテイストな味わい

トリップ仕立てをブラックでいただきます。

中煎りということもあり、たいへん飲みやすい印象です。後味もスッキリしていて酸味も苦味も控えめ。

「オーガニックだからか?心と体にじっくりと溶け込む感覚。」

ブレンドではなくシングルでここまで飲みやすいコーヒー豆は初めてかもしれません。

普段ブラックで飲めない方にも、ぜひぜひブラックを勧めたくなる味でした。

まとめ

TOKYO COFFEE ペルー産

本記事では、コーヒー豆「TOKYO COFFEE(ペルー産) 中煎り」の感想。スッキリとした後味で飲みやすい一杯。について解説してきました。

Amazonでベストチョイスに選ばれているだけあって、バランスのとれた美味しいコーヒーでした。

贅沢なお家コーヒータイム、これからもまだまだ楽しんでいこうと思います。

この記事を書いた人

コーヒーとガジェット好き。ときめくモノで暮らしをアップデートするメディア「しろくまスタンド」の編集長。転職2回を経て金融×テック系のWebマーケター。富山暮らし32年目の1児のパパ。

目次
閉じる