【カリタ NEXTG カットミル】ホワイトの限定カラーを購入「次世代のコーヒーグラインダー」

おうちコーヒー愛好家の方なら、誰もが一度は憧れる電動ミルの世界。

ガリガリ手で挽くのも良いけど、素早くコーヒー豆を惹ける電動も魅力的ですよね?

とはいえ、安いミキサーで挽いたらせっかくの豆が台無しです。

「ここは一つ大人の証にハイエンドな電動コーヒーミルを買ってはみませんか?」

本記事では、カリタから販売された次世代コーヒーグラインダー「ネクストG 限定ホワイトカラー」について紹介していきます。

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥43,500 (2020/12/04 11:54:31時点 Amazon調べ-詳細)

粒の粒度の安定性はもちろん、15段階調整ダイヤルでお好みのサイズ感に挽くことが可能。

「コーヒー豆の挽き方でこんなにも味が違うの!?」

ぜひ、この気持ちをコーヒー愛好家のみなさんにも体験して欲しい。

さっそく紹介していきます。

目次

カリタの歴史

カリタの歴史

せっかくなので、カリタの歴史について自分なりにあらためて調べてみました。

カリタは日本国内で知名度No.1と言っても良いコーヒーの国産メーカーです。1958年に日本橋で創業された老舗中の老舗。

名前の由来はドイツ語の「Kaffee(コーヒー)」と「Flter(フィルター)」の組み合わせからきているそうな。

カリタの電動コーヒーミルの種類

カリタにはお求め安い価格からハイエンドなものまで、電動コーヒーミルの種類は色々とあります。

ご家庭用だと、プロペラ式のCM-50やスローG15が人気です。お求め安い価格帯で、安定した豆を挽くことができます。

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥3,582 (2020/12/04 11:54:32時点 Amazon調べ-詳細)

そんな中でお家コーヒー愛好家なら誰もが憧れるのが、本記事で紹介していく次世代コーヒーグラインダー「NEXT G」なわけです。

公式サイトでも業務用ページで紹介されており、お家コーヒーの領域を超える・超えないの瀬戸際のコーヒーガジェットと言えることでしょう。

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥43,500 (2020/12/04 11:54:31時点 Amazon調べ-詳細)

「カリタ NEXT G」のスペックや特徴

ここからは「カリタ NEXTG」のスペックや特徴について詳しく解説していきます。

カラーは2種類。2020年に限定のホワイトカラーが登場

まずは一番わかりやすいカラーですが、スモーキーブルーとアーミーグリーンの2種類あります。

「ちょっとどっちも派手すぎるかな。」なんて思っている方には九州限定のホワイトカラーも2020年に発売開始されました。

ぼくも実はその一人なんですよね。

コーヒーグッズは白や黒などのシンプルなモノで揃えたかったので、ホワイトカラーのNEXT Gを購入させていただきました。

静電気で粉の飛散を防止

静電気で飛散を防止

こちらはNEXT Gで搭載された新機能となります。

「挽いたコーヒー粉が出口の部分にくっついてますよね?」

本体から挽かれたコーヒー豆はスーッと受け皿へ、残ったコーヒー粉は出口付近に止まるのでお手入れが楽ちんです。

調整ダイヤル式

正面にあるダイヤルがついており、粗挽きからエスプレッソ用の細かさまで15段階調整可能です。

左に回すと細かく、右に回すと粗くなります。ぼくはいつも左から3段階くらいの中挽きで挽いています。

「カリタ NEXT G」を実際に使ってみた

実際に使っていきましょう

実際にコーヒー豆を挽いてみました。ネクストGの静音性は控えめに言ってすごいです。

モーター音は全然気にならず、豆の砕ける音だけが聞こえる感じ。嫌な音はまったくしません。

出来上がったコーヒー豆

見てください!この砕いたような形と均一性、これはプロペラ式では作ることはできません。

ドリップしていきます

さてドリップしていきましょう。使用したドリッパーは最近のお気に入りのツバメラタンです。

微分が少ないのもあり、豆の間をスーッとお湯が抜けていくのがわかります。

コーヒーを飲んでいきます

出来上がったコーヒーを一口。

これは自分が味の違いがわかる男とか言いたいわけじゃなく、本当に味の違いがわかります。

「挽く方法が違うだけ、ここまで美味しいコーヒーを作れるんだ!」と感動しましたね。

贅沢なモーニング

カリタ NEXTGがあれば、手間要らずで美味しいモーニングが楽しめます。

なかなかお高い買い物ですが、至福のお家コーヒータイムを過ごしたい方はぜひおすすめしたいコーヒーガジェットです。

まとめ

本記事では、【カリタ NEXTG カットミル】ホワイトの限定カラーを購入「次世代のコーヒーグラインダー」について解説してきました。

「自動コーヒーミルは時短にもなりますが、プロペラ式だとクオリティが落ちてしまう。でも、グラインダーは高いしなぁ。」

なんて悩んでいる時期もありました。しかし、一度この至福のコーヒータイムを手に入れたらもう元には戻れませんね。

手軽さだけではなく、静音性と安定感に長けた「カリタ NEXTG」。一生涯の相棒ガジェットを手に入れました。

気になっている方、迷っている方はぜひともこの感動を体験してほしいですね。

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥43,500 (2020/12/04 11:54:31時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コーヒーとガジェット好き。ときめくモノで暮らしをアップデートするメディア「しろくまスタンド」の編集長。転職2回を経て金融×テック系のWebマーケター。富山暮らし32年目の1児のパパ。

目次
閉じる