おすすめ記事はこちら

チャレンジタッチ 4年生 | 丸つけの時間を短縮「メリット・デメリットもご紹介」

チャレンジタッチ 4年生 | 丸つけの時間を短縮「メリット・デメリットもご紹介」

yasuka

こんにちは。金沢に移住して3人子育て中のやすかです。(@yasuka)です。
ベネッセの教材「チャレンジタッチ」の感想・レビューを書いていきます。

チャレンジタッチは、専用タブレットで勉強できるベネッセの教材です。紙のチャレンジのタブレット版をイメージしてもらえたらいいと思います。

インターネットが使える環境であれば、好きな時間に好きな場所で勉強が可能。外出先のスキマ時間を勉強時間に変えられる、まさに魔法のタブレットなんです!

丸つけもいらないので、他の習い事やお仕事で忙しい親子にめちゃくちゃおすすめです。

さっそく、紹介していきます。

資料請求は無料

1ヶ月から受講OKです
(タブレットの場合は注意する点があるので、最後までお読みくださいね)




赤ちゃん 1ヶ月の成長と買っておきたいベビーグッズ7選【プレママ向け】赤ちゃん 1ヶ月の成長と買っておきたいベビー用品7選【プレママ向け】

「チャレンジタッチ」をはじめるきっかけ

チャレンジタッチをはじめるきっかけ

チャレンジタッチをはじめるきっかけ

長女が4年生の秋に、スタートしました。きっかけは、長女が学校の算数のテストで15点を取ってきたことですね。

クラスのお友達に学校で散々言われたようで、かなり凹んでお家に帰ってきました。その時に、本人から「チャレンジをやらせてほしい」と進言してきたのです。

さすがに15点の結果を見て、そのまま何もしない状態も親としては見過ごせませんよね?塾や家庭教師に比べたら、家計的にやさしいチャレンジなら始めてもいいかなという気持ちで家族会議をしました。

yasuka

夫も始めることに関しては、テストの点数を見て止めはしませんでしたね。

2019年時点で、紙とタブレットの2種類から選ぶことができます。紙は昔ながらの方法で、子どもが解いたら親が答え合わせする方式です。

長女は、他の習い事もしているし、宿題も低学年に比べてしっかり出ます。紙の答え合わせだと、親の私も間に合いません

検討した結果、本人も好きな時間・場所で取り組めるタブレット式のチャレンジタッチを選択しました。

スタートして、2019年3月時点でちょうど半年経過したところです。

「チャレンジタッチ」の教材

「チャレンジタッチ」の教材

「チャレンジタッチ」の教材

こちらは、2018年2月時点の内容になります。科目は全科目で、国語・算数・理科・社会・英語すべて勉強可能です。

漢字の勉強中

漢字の勉強中

2020年から小学生の義務教育の中に、プログラミングが入ってくるということで4年生からプログラミングの教材も届くようになりました。毎月3、4種類の教材が届きます。

プログラミングの教材

プログラミングの教材

簡単なゲームを作るプログラミングもあり、まだ必修科目ではないですが、授業が始まる前にこんなことするんだというきっかけとして、プログラミングに触れられてよかったなと思います。

パズルゲームのような感覚

パズルゲームのような感覚

「チャレンジタッチ 4年生」の受講料金

「チャレンジタッチ」の受講料金

「チャレンジタッチ」の受講料金

受講料金は、紙と同じです。一括支払いもできて、1年払いがお得です。

チャレンジタッチの料金
月払い:4,865円/月
半年払い:32,642円(4,412円/月)
1年払い:61,547円(4,094円/月)
※5年生からはそれぞれ料金が上がります。

タブレット本体は無料でゲットできます。ただし、6ヶ月連続で受講することが条件になります。

もし、6ヵ月未満で退会された場合、あるいは紙のチャレンジに変更された場合には、タブレットの代金として14,800円(税込、消費税率8%、2019年4月号以降にご入会のかたは9,720円)の支払いが発生するので注意しましょう!

yasuka

子どもが続けられるか不安な方は、公式サイトから資料請求がおすすめ!
各学年の教材を無料で体験することができます。

「チャレンジタッチ」の効果

チャレンジタッチの効果

チャレンジタッチの効果

テストの点数ですが、15点以上という点数はあの1回で、チャレンジをスタートしてちゃんとテストの点数を取れるようになりました。学校の進め方によっては、予習になっている単元もあります。

予習しているので、先生の話も理解できているようです。

「チャレンジタッチ」のメリット

メリット

メリット

紙と比べたチャレンジタッチのメリットは、以下のとおりです。

チャレンジタッチのメリット
  • 子ども自身が積極的に取り組んでいる
  • 他の教材と比べて手が離れるので親が楽
  • Wi-Fiがあればいいので、外出先でもOK

各科目の進捗のメール報告が届きます。親御さんは、子どもがどこまで進んでいるのか確認できるので安心ですよ!

親が進捗を確認できる

親が進捗を確認できる

「チャレンジタッチ」のデメリット

デメリット

デメリット

チャレンジタッチのデメリット
  • リアルタイムに何の勉強をしているかわからない
  • インターネットの料金が発生
  • 付属のゲームで遊んでしまう

メールは後から届くので、子どもがヘッドフォンを付けて勉強していると何の勉強をしているのかわからないんですよね。

あとディズニーのテレビや電子ブックなどの付属ソフトもあるので、教材以外のコンテンツを見て夜更かし…なんてこともしばしばあります。

「チャレンジタッチ」のおすすめポイント

チャレンジタッチのおすすめポイント

チャレンジタッチのおすすめポイント

親御さんの進捗管理は必要となりますが、好きな時間・場所で勉強ができるのはとっても大きいですね。丸つけもいらないので、家事をしながら子どもの勉強する姿を見守ることができます。

学習塾に比べて月額料金も安いですし、まずは自分のペースでできるチャレンジタッチからスタートするのも良いと思います!

yasuka

長女も時間を見つけては、自主的に勉強するようになったのでスタートして良かったです!
小学校高学年あたりになると、集中力もつけさせてあげたいですしね。

まとめ:お家で勉強!ママも助かるチャレンジタッチ

「チャレンジタッチ 4年生」についての感想を書いてきました。チャレンジタッチは、ちょっとした隙間時間も勉強タイムに変えられる魔法のようなタブレットです。

親御さんの時間の確保をしてくれますし、学習塾に比べて家計にもやさしい。本当におすすめです。

資料・お試し教材を無料でゲットすることができます。「お子さんの勉強するきっかけ」がほしい方は、ぜひお子さんと一緒にチャレンジタッチをご検討ください。

資料請求は無料

1ヶ月から受講OK




赤ちゃん 1ヶ月の成長と買っておきたいベビーグッズ7選【プレママ向け】赤ちゃん 1ヶ月の成長と買っておきたいベビー用品7選【プレママ向け】