SNS戦略

あなたがブロガーを救う、『いいね』のプレゼントをあげよう

あなたがブロガーを救う、『いいね』のプレゼントをあげよう

FacebookやTwitterにあるいいねやシェアの機能。
いいねやシェアで拡散されプチバズを経験したこともありました。

しかし、ほとんどの人が、

読者
読者
おっ面白い記事じゃんっ♪

と思っても読んでおしまいってことも多いのではないでしょうか?

この記事を読んだら、きっとあなたも「いいね」を押したくなる。

なぜ、あなたはいいねを押さないのか?

ぼくがいいねを押さない時をシミュレーションしました。
結果、5つのパターンに分かれました。

5つのパターンに分けました
  1. シンプルに記事が面白くない
  2. 嫌いな人の投稿だから
  3. 読んでいて不快な思いになった
  4. 共感したけど、周りの目が気になって押せない
  5. 読んだ後は手間なのでやっていない

上位3つに関しては、仕方がありません。
自分の感情を押し込める必要なんてナッシング。

下位2つのパターンで「いいね」を押してない方。
ぜひぼくの話を聞いてください。

インフルエンサーという言葉がある世の中

ネット上に存在していないのは、人として存在していないのと一緒。
引用元:人生の勝算/前田裕二

未だにSNSはリア充アピールツールと勘違いしている人が多い。
インフルエンサーという言葉があるように、SNSの経済効果はかなり大きい。

メガネ通販のOWNDAYSでは、インフルエンサー採用がある。
インフルエンサー手当として基本給+5万円が支給されるそうです。

ブロガーのがんばったで賞のかわりに

ブロガーのがんばったで賞のかわりに

tiwtterからサイトに飛び記事を読んで、また戻っていいねを押す。
この動作は、確かに少し手間に感じるかもしれない。

しかし、ほんの数秒ではないですか!?

その数秒で2時間、3時間かけて書いたブロガーの気持ちが報われるのです。
駆け出しのブロガーにとっては本当に嬉しいんですよ。

いいねが欲しいならいいねをする

駆け出しブロガーの方は記事を書く前に記事を読みましょう
何事もギブからスタートするものです。

あなたが他の人の記事を読んで、いいねで相手に伝える。
相手はあなたを意識して、記事を読んでくれる。

この繰り返しが大きくなってバズるという現象が発生します。

書くことも大切ですが、記事を読む時間を忘れずにとりましょう。

いいねのプレゼントをしよう

この記事でわかったこと
  • いいねを押して自分の意見を発信しよう
  • あなたのほんの数秒で数時間が報われる
  • がんばったで賞にプレゼントしよう
  • ブロガーは他人の記事を読むことも大事

ブロガーは孤独な生き物です。
あなたのいいね1つにとっても喜びます。

ちょっとでも面白い、こいつ応援したいなぁ。
そんな感情があればプレゼント感覚でいいねをお願いします。

シェアされた日にはもう喜びで夜も寝れなくなります。

ABOUT ME
かじっくす
かじっくす
社内SE/ブロガー/Webマーケター。 27歳の転職をきっかけに、ブログに出会い、会社員ブロガーになる。 月間1.5万人に読まれる地域特化ブログ「カジトリクエスト」の編集長。 趣味は、ウイイレ・音楽・読書です。
富山県民なら要チェック!!