【これを見れば完璧】PayPayの使い方

【わかるOffice365】クラウドサービスで在宅勤務を実現しよう

Office365のクラウドサービスで在宅勤務を実現しよう

[box03 title=”この記事のターゲット”] 37歳 総務部人事課 ママさん係長

  • 女性社員のために在宅勤務を実現したい
  • セミナーでOffice365の話を聞いた
  • 具体的に何ができるかわかっていない
[/box03]

2017年、人事フォーラムやシステムのセミナーに3回参加しました。
どちらもOffice365の紹介講座があり、世の中の働き方改革への関心が強まっている。
そう感じました。

office365は最新のoffice製品利用できるだけと勘違いしてませんか?

実は、働き方を変えるための便利なツールがモリモリです。
この記事ではMSの提供するクラウドサービスOneDriveについて紹介します。

クラウドサービスって何?

クラウドサービスって何?

クラウドサービスはインターネットを利用したサービスです。

パソコン内にデータを保存しない。
インターネット上の箱の中に保存するイメージですね。

[box02 title=”有名なクラウドサービス”]
  • DropBox
  • AmazonDrive
  • iCloud
[/box02]

今回の記事の主役であるOne Driveというクラウドサービス。
WindowsでおなじみのMicrosoftのサービスとなります。

クラウドサービスの3つのメリット

[box03 title=”クラウドサービスを使うメリット”]
  1. 場所を選ばない働き方ができる
  2. データの共有が簡単にできる
  3. 安全なファイルサーバとして
[/box03]

1.場所を選ばない働き方ができる

インターネット上にデータを保存しているので、端末に依存することはありません。
「会社のパソコンじゃないと仕事ができない・・・。」

そんな悩みを解決してくれます。

2.データの共有が簡単にできる

ブラウザ上の設定で簡単にメンバーに共有できます。

メール送って、編集してもらって保存して。
「あれ?どれが最新のファイルだっけ?」
そんな経験したことありませんか?

クラウドサービスを使えば、直接相手に編集してもらえることも可能です。
手間やデータのロールバックを防ぐことができます。

3.安全なファイルサーバとして

クラウドサービスは、インターネット上に保管するファイルサーバのようなもの。
オンプレミスだとサーバの故障等の可能性があります。

クラウドサービスは規模が違いますし、インフラまわりは問題なし。
セキュリティ対策も万全です。

データのやりとりのイメージ

データのやりとり
  1. PC:エクセルAをクラウドサービスに保存する
  2. スマホ:エクセルAを外出先で確認、編集できる。

イメージ図を描くとわかりやすいですね。このように端末間のやりとりがクラウドサービス1本でできます。

なぜOne Driveを採用するのか

なぜOne Driveを採用するのか

かじっくす

答えは1つ、Office365のプランにOne Driveが含まれているから。

office365は、月額料金制となります。
プランは3種類あり、毎月540円~1,360円で利用できます。

One Driveはすべてのプランに組み込まれています
ユーザ1人に1TBのOne Driveのストレージが利用できます。

みなさん、1TBですよ、1,000GBですよ?

写真やイラストデータなんかも惜しみなく保存できます。
データでパソコン容量がパンパンっていう問題も解決できそうですね。

One Driveで働き方がこう変わる

One Driveで働き方がこう変わる

在宅、外出先で仕事ができる

会社のパソコンにあるデータをOne Driveに保存するようにします。
One Driveに保存したデータはどの端末からも閲覧、編集が可能です。

インターネット回線だけあれば、どこでも仕事ができる。

[box03 title=”こんな働き方改革が実現する”]
  • ママさんが子育てしながら、自宅で働く
  • 会社ではなく近所のカフェでお仕事
[/box03]

One Driveのようなクラウドサービスはそんな夢を現実するツールなのです。

災害時のインパクトを軽減する

働き方改革を推奨する1つの理由として災害のリスクアセスメントも含まれています。

東日本大震災があったとき、会社に行けず仕事ができないという課題が生まれました。

災害規模によりますが、いざとなれば家で仕事ができる。
災害対策としてもクラウドサービスの導入は有効です。

働き方改革のヒントはITの力にある

[box03 title=”この記事でわかったこと”]
  • クラウドサービスはインターネット上にある箱
  • どこからでもアクセスできるので、場所に依存しない
  • office365で1TBのOne Driveストレージが手に入る
  • One Driveは働き方改革に欠かせない
[/box03]

Office365のOne Driveについて紹介しました。
場所を問わずにデータを取り扱えるのはかなり魅力的です。

ぼくは働き方改革の実現において、クラウドサービスはマストだと考えます。

これを機会にoffice365の導入を検討してみてはいかがでしょうか?